HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Fisheries Sciences / Faculty of Fisheries Sciences >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

北海道噴火湾におけるケガニの甲長に基づく資源評価と資源管理

Files in This Item:
日本水産2005-71-6.pdf164.27 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/14653

Title: 北海道噴火湾におけるケガニの甲長に基づく資源評価と資源管理
Other Titles: Length-based stock assessment and fisheries management of hair crab Erimacrus isenbeckii in Funka Bay, Hokkaido, Japan
Authors: 三原, 栄次1 Browse this author
山口, 宏史2 Browse this author
上田, 祐司3 Browse this author
松石, 隆4 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): MIHARA, EIJI1
YAMAGUCHI, HIROSHI2
UEDA3, YUJI3
MATSUISHI, TAKASHI4
Keywords: LPA
YPR
ケガニ
甲長
資源管理
資源評価
噴火湾
Issue Date: 2005
Publisher: 日本水産学会
Journal Title: 日本水産学会誌
Volume: 71
Issue: 6
Start Page: 935
End Page: 941
Publisher DOI: 10.2331/suisan.71.935
Abstract: 許容漁獲量制度が導入されている北海道噴火湾のケガニ資源について,資源管理方策を検討するため,甲長コホート解析(LPA)を適用し資源量推定を行うとともに,甲長に基づく YPR(YPRL)モデルを開発し,資源診断を行った。推定した資源量は回復傾向にはないものの,近年比較的安定していた。YPRL モデルにより資源診断した結果,当資源の許容漁獲量設定に用いている漁獲死亡係数は,F0.1 の 6 割程度で充分安全な値であった。以上のことから,当面は現状の管理基準に基づいた資源管理を継続すべきであると判断された。
Rights: © 2005 公益社団法人日本水産学会
© 2005 The Japanese Society of Fisheries Science
Type: article (author version)
URI: http://hdl.handle.net/2115/14653
Appears in Collections:水産科学院・水産科学研究院 (Graduate School of Fisheries Sciences / Faculty of Fisheries Sciences) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 松石 隆

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University