HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
法学研究科  >
北大法学論集 = The Hokkaido Law Review >
第56巻 第2号 >

最近三〇年間の遺留分をめぐるドイツの法改正論議(5・完) : 高齢社会の下の遺留分の存在論

フルテキスト
56(2)_p51-102.pdf2.04 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/15365

タイトル: 最近三〇年間の遺留分をめぐるドイツの法改正論議(5・完) : 高齢社会の下の遺留分の存在論
その他のタイトル: Reformsdiskussion des Pflichtteilsrechts in den letzten 30 Jahren in Deutschland(5) : Die Ratio des Pflichtteilsrechts im Sozialwandel
著者: 藤原, 正則 著作を一覧する
発行日: 2005年 7月11日
出版者: 北海道大学大学院法学研究科
誌名: 北大法学論集
巻: 56
号: 2
開始ページ: 51
終了ページ: 102
資料タイプ: bulletin
URI: http://hdl.handle.net/2115/15365
出現コレクション:第56巻 第2号

提供者: 藤原 正則

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学