HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
法学研究科  >
北大法学論集 = The Hokkaido Law Review >
第56巻 第3号 >

解釈的構成問題としての国際法規の一般的妥当 -一般国際法としての慣習国際法の要件論の再構成における基本課題-

フルテキスト
56(3)_p1-53.pdf2.37 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/15374

タイトル: 解釈的構成問題としての国際法規の一般的妥当 -一般国際法としての慣習国際法の要件論の再構成における基本課題-
その他のタイトル: Reconstructing the Theory of Customary International Law -Generalization of the Validity of International Rules as a Matter of Interpretive Construction-
著者: 小森, 光夫 著作を一覧する
発行日: 2005年 9月26日
出版者: 北海道大学大学院法学研究科
誌名: 北大法学論集
巻: 56
号: 3
開始ページ: 1
終了ページ: 53
資料タイプ: bulletin
URI: http://hdl.handle.net/2115/15374
出現コレクション:第56巻 第3号

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学