HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
法学研究科  >
北大法学論集 = The Hokkaido Law Review >
第49巻 第4号 >

不法行為帰責論の再構成・序説(10・完) -ネグリジェンス法における事実的因果関係と賠償範囲との「区別」論の検討を中心に-

フルテキスト
49(4)_p45-106.pdf2.82 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/15792

タイトル: 不法行為帰責論の再構成・序説(10・完) -ネグリジェンス法における事実的因果関係と賠償範囲との「区別」論の検討を中心に-
その他のタイトル: Reframing the Theory of Tort Liability : An Introduction (10) - An Examination of the Theory Drawing a Distinction between Cause-In-Fact and Proximate Cause in Neglignce Law -
著者: 水野, 謙 著作を一覧する
発行日: 1998年11月10日
出版者: 北海道大学法学部
誌名: 北大法学論集
巻: 49
号: 4
開始ページ: 45
終了ページ: 106
資料タイプ: bulletin
URI: http://hdl.handle.net/2115/15792
出現コレクション:第49巻 第4号

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学