HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
法学研究科  >
北大法学論集 = The Hokkaido Law Review >
第37巻 第3号 >

中世後期・近世におけるバイエルン・ラント法史研究序説(平和・ポリツァイ・憲法)(5・完) -クライトマイアを中心に-

フルテキスト
37(3)_p1-70.pdf3.14 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/16524

タイトル: 中世後期・近世におけるバイエルン・ラント法史研究序説(平和・ポリツァイ・憲法)(5・完) -クライトマイアを中心に-
その他のタイトル: Krreittmayr in der bayerisch-landrechtlichen Entwicklung ("Friede","Polizei","Konstitution" als rechtsschopferische Ideen) (5) -Verfassungsgeschichtliche Prolegomena zur Landrechtsforschung-
著者: 和田, 卓朗 著作を一覧する
発行日: 1987年 3月18日
出版者: 北海道大学法学部
誌名: 北大法学論集
巻: 37
号: 3
開始ページ: 1
終了ページ: 70
資料タイプ: bulletin
URI: http://hdl.handle.net/2115/16524
出現コレクション:第37巻 第3号

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学