HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Economics and Business / Faculty of Economics and Business >
經濟學研究 = The economic studies >
第56巻第2号 >

進化主義的制度設計におけるルールと制度 (唐渡興宣教授記念号)

Files in This Item:
ES_56(2)_133.pdf113.7 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/16972

Title: 進化主義的制度設計におけるルールと制度 (唐渡興宣教授記念号)
Other Titles: Rules and Institutions in Evolutionist Institutional Design (In honor of Prof. Okinori Karato)
Authors: 西部, 忠1 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Nishibe, Makoto1
Keywords: ルールと制度
進化主義的制度設計
制度生態系
複製子
相互作用子
Rules and institution
Evolutionary Institutional Design
Institutional Ecology
Replicator
interactor
Issue Date: 29-Nov-2006
Publisher: 北海道大学大学院経済学研究科
Journal Title: 經濟學研究
Volume: 56
Issue: 2
Start Page: 133
End Page: 146
Abstract: 進化主義的制度設計とは,理論モデルと経済主体の内的属性との間の双方向的因果関係を重視する内部観測的な視点に立ち,基底的制度であるメディアのルールやシステム境界をデザインすることで,システムの機能やパフォーマンスを間接的に制御しようとするものであり,進化経済学の応用政策的方法の一つである。また,制度生態系とは,複数の類似的制度が垂直的かつ水平的に共存しうる動的で複雑なシステムである。では,これらが前提とするルールや制度とはいかなるものか。本稿は,この問題を複製子と相互作用子という進化経済学の基礎概念を再吟味しながら,以下の3つの観点から考察する。すなわち,1)生物進化とは異なる経済社会進化の文脈の中で,複製子と相互作用子の定義を行い,その相互関係を明らかにする,2)経済理論の従来のアプローチが使用しているルールや制度の意味を吟味し,複製子や相互作用子という進化経済学の基礎概念からそれらについて独自な定義を提示する,3)進化主義的制度設計においてルールや制度が果たす理論的役割について明らかにする,である。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/16972
Appears in Collections:經濟學研究 = The economic studies > 第56巻第2号

Submitter: 西部 忠

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University