HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Environmental Science / Faculty of Environmental Earth Science >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

赤道太平洋における炭酸系の分布と変動 : 大気・海洋間のCO2フラックス

Files in This Item:
地球環境9(2)_153-160.pdf828.42 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/16990

Title: 赤道太平洋における炭酸系の分布と変動 : 大気・海洋間のCO2フラックス
Authors: 井上(吉川), 久幸1 Browse this author →KAKEN DB
石井, 雅男 Browse this author
河野, 健 Browse this author
村田, 晶彦 Browse this author
Authors(alt): 井上, 久幸1
吉川, 久幸1
Keywords: 赤道太平洋
海洋二酸化炭素分圧
CO2フラックス
エル・ニーニョ
ラ・ニーニャ
Issue Date: 2004
Publisher: 国際環境研究協会
Journal Title: 地球環境
Volume: 9
Issue: 2
Start Page: 153
End Page: 160
Abstract: 中部及び西部赤道太平洋において、大気及び表面海水の二酸化炭素分圧の観測を1999年から2003年にかけて実施した。これらの観測は「炭素循環に関するグローバルマッピングとその高度化に関する国際共同研究 海洋表層における炭素フラックスと一次生産に関する研究」(科学技術振興調整費)の一環として海洋地球研究船「みらい」で行った。観測の結果、中部及び西部赤道太平洋の表層は、大きくふたつの海域に分けることが出来た。すなわち西太平洋暖水塊と、その東にある赤道湧昇域である。西太平洋暖水塊では、表面海水の二酸化炭素分圧(pCO2sw)が大気の分圧(pCO2air)に等しいか僅かに高く、栄養塩が枯渇し、低塩分(<34.5)・高温(>28.5℃)である。赤道湧昇域では西から東に向かってpCO2swが溶存無機炭素及び栄養塩濃度と共に増加し、表面水温は減少している。ふたつの海域の境界は、エル・ニーニョやラ・ニーニャ発生により東西に大きく移動する。エル・ニーニョ期に西太平洋暖水塊は東進し、中部及び西部赤道太平洋のpCO2swは減少する。このため2002~2003年のエル・ニーニョ期間中、同海域の大気へのCO2フラックスは大きく減少したことが示された。本研究では更に「みらい」等のデータと米国海洋大気庁太平洋海洋環境研究所(NOAA/PMEL)と大西洋海洋気象研究所(NOAA/AOML)が取得したデータを組み合わせ、赤道太平洋全域における大気へのCO_2フラックスを評価した。赤道太平洋から大気へのCO2フラックスは、1997/98エル・ニーニョ期間中の1998年1~2月に0.1±0.1 PgC/yr、逆にラ・ニーニャ的状況にあった2001年1~2月には0.9±0.4PgC/yrと見積もられた。これは大気中のCO2濃度増加率にしておよそ0.4ppm/yr程度の変動に相当している。
Rights: 社団法人国際環境研究協会
Relation: http://www.airies.or.jp/publication/index.html
Type: article (author version)
URI: http://hdl.handle.net/2115/16990
Appears in Collections:環境科学院・地球環境科学研究院 (Graduate School of Environmental Science / Faculty of Environmental Earth Science) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 吉川 久幸

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University