HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Economics and Business / Faculty of Economics and Business >
經濟學研究 = The economic studies >
第56巻第3号 >

Bethlehem Steel社における連結会計の展開

Files in This Item:
ES_56(3)_105.pdf22.71 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/18931

Title: Bethlehem Steel社における連結会計の展開
Other Titles: The Development of Consolidated Financial Statements in the Bethlehem Steel Corporation
Authors: 春日部, 光紀1 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Kasukabe, Mitsunori1
Keywords: 連結会計
鉄鋼
Bethlehem Steel社
企業集団
公表会計
Issue Date: 25-Jan-2007
Publisher: 北海道大学大学院経済学研究科
Journal Title: 經濟學研究
Volume: 56
Issue: 3
Start Page: 105
End Page: 118
Abstract: 本稿では,1904年に成立した鉄鋼会社であるBethlehem Steel社を俎上にのせ,連結財務諸表の史的展開を検討している。連結会計上の問題は,社会経済的状況の変化にともなって生起し,同社はその対応に迫られることになる。その過程を実際の財務諸表を利用することによって,連結会計の生成・発展過程を具体的に素描している。 併せて,連結会計を企業集団報告実務の一手段であると捉え,多様な報告実務が重層的に展開されるなかで,公表手段としてもっとも効率的であった連結財務諸表に収斂していく過程を分析する。これによって,連結会計という観点からは相容れない会計実務が,実は企業集団の報告という観点からは説明可能となるのである。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/18931
Appears in Collections:經濟學研究 = The economic studies > 第56巻第3号

Submitter: 春日部 光紀

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University