HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
低温科学研究所  >
雑誌発表論文等  >

分子レベル放射性炭素年代測定法と地球化学・環境試料への応用

フルテキスト
地球化学36-4.pdf3.74 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/26211

タイトル: 分子レベル放射性炭素年代測定法と地球化学・環境試料への応用
その他のタイトル: Compound specific radiocarbon analysis and its application to various geochemical and environmental samples
著者: 松本, 公平 著作を一覧する
河村, 公隆 著作を一覧する
内田, 昌男 著作を一覧する
柴田, 康行 著作を一覧する
キーワード: 分子レベル放射性炭素年代測定
14C 年代
バイオマーカー
分取
キャピラリーガスクロマトグラフィー
加速器質量分析計
compound specific radiocarbon analysis (CSRA)
14C ages
biomarkers
preparative capillary gas chromatography (PCGC)
accelerator mass spectrometry(AMS)
発行日: 2002年12月20日
出版者: 日本地球化学会(The Geochemical Society of Japan)GJ
誌名: 地球化学
巻: 36
号: 4
開始ページ: 149
終了ページ: 159
抄録: 地球化学の新たな手法として,分子レベルの放射性炭素年代測定法(CSRA)が分取キャピラリーガスクロマトグラフィーや加速器質量計14C分析のためのマイクロスケールのグラファイトターゲット前処理技術の開発により可能になった.Eglintonetal.(1996)による報告以来,この新しい手法は,今日までに様々な地球化学的試料に応用された.我々は,この方法の原理と基本的な操作法,地球化学的試料への応用例をレビューする.さらに,これらの将来的な展望も議論する.これまでCSRA法は,海洋堆積物,石油,土壌,大気エアロゾル試料に応用されてきた.その結果,個々の有機分子の起源,堆積物中における微生物の用いた基質の種類等の議論,また大気エアロゾル中の長距離輸送経路の議論等,従来議論されてこなかった地球化学的プロセスがCSRA法によって明らかになってきた.こうした研究例は少ないながらも,CRSA法のバイオマーカーへの応用は,重要な地球化学的手法になると思われる.
A method of compound specific radiocarbon analysis (CSRA) has recently been developed. This method includes isolation of individual compounds by preparative capillary gas chromatography, preparation of graphite target for individual compounds, and 14C measurement by accelerator mass spectrometry. Since the first report by Eglinton et al. (1976), this CSRA method has been applied to various geochemical and environmental samples. In this paper, we review the principle and procedures of the new technique and the recent results obtained by the application of CSRA method to geochemical samples. We also discuss the significance and future perspectives of CSRA method in the fields of geochemical and environmental studies. So far, the CSRA method has been applied to marine sediments, oils, soils and atmospheric aerosols. Based on the CSRA studies, different geochemical processes have been discussed including an origin of individual organic compounds, the way microbes use the substrates in sediments, and a long-range atmospheric transport of aged organic compounds from source regions. Although the reports associated with CSRA are still very limited, we suggest that this method would become more important in the future geochemical and environmental studies.
資料タイプ: article (author version)
URI: http://hdl.handle.net/2115/26211
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 河村 公隆

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学