HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
水産科学院・水産科学研究院  >
雑誌発表論文等  >

ソウハチに対する刺網の網目選択性

フルテキスト
NSG72-2.pdf308.38 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/28045

タイトル: ソウハチに対する刺網の網目選択性
その他のタイトル: Mesh selectivity of gillnet for pointhead flounder Cleisthenes pinetorum
著者: 若山, 賢一 著作を一覧する
藤森, 康澄 著作を一覧する
板谷, 和彦 著作を一覧する
村上, 修 著作を一覧する
三浦, 汀介 著作を一覧する
キーワード: SELECTモデル
網目選択性
最尤法
刺網
ソウハチ
二峰性正規関数
羅網位置
発行日: 2006年 3月15日
出版者: 社団法人 日本水産学会 (The Japanese Society of Fisheries Science)SFS
誌名: 日本水産学会誌 = Bulletin of the Japanese Society of Scientific Fisheries
巻: 72
号: 2
開始ページ: 174
終了ページ: 181
出版社 DOI: 10.2331/suisan.72.174
抄録: ソウハチに対する網目選択性を求めるために,8 種類の目合で構成される底刺網を用いて,北海道石狩湾において漁獲実験を行った。選択性曲線の推定には SELECT モデルを用いた。ソウハチの全漁獲尾数は 957 尾で,選択性の推定には絡みによる漁獲を除いたデータを用いた。選択性曲線として正規,対数正規,二峰性正規の 3 種類の関数を適用し,最尤法によりパラメータと相対漁獲強度を推定した。各関数のうち,二峰性正規の適合度が最も高く,同選択性曲線において最大値を得る目合相対体長(体長/目合)は 1.87 と推定された。
Fishing experiments were carried out in Ishikari Bay, Hokkaido using a bottom gillnet with eight different mesh sizes to estimate the mesh selectivity for pointhead flounder Cleisthenes pinetorum . A total of 957 pointhead flounder were caught. The SELECT analysis with maximum likelihood method was used to fit the different functional models, the normal, lognormal, and bi-normal model. The catch data except for entangling catch was used for calculation. The bi-normal model was found to fit the data best. For the selectivity curve on the bi-normal model, the relative length (the ratio of fish length to mesh size) with the maximum efficiency was obtained as 1.87.
Rights: ©2006 公益社団法人日本水産学会 The Japanese Society of Fisheries Science
資料タイプ: article (author version)
URI: http://hdl.handle.net/2115/28045
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 藤森 康澄

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学