HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
経済学研究院・経済学院  >
經濟學研究 = The economic studies >
第39巻第4号 Vol.39,No.4 >

購買力平価説と貨幣数量説:名目的為替相場の発現過程

フルテキスト
39(4)_P124-146.pdf2.22 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/31844

タイトル: 購買力平価説と貨幣数量説:名目的為替相場の発現過程
その他のタイトル: The Theory of Purchasing Power Parity and the Quantity Theory of Money:Actualising Process of the Nominal Rate of Exchange
著者: 吉田, 賢一 著作を一覧する
発行日: 1990年 3月
出版者: 北海道大学經濟學部
誌名: 經濟學研究
掲載誌等別名: ECONOMIC STUDIES
巻: 39
号: 4
開始ページ: 124
終了ページ: 146
資料タイプ: bulletin
URI: http://hdl.handle.net/2115/31844
出現コレクション:第39巻第4号 Vol.39,No.4

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学