HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Economics and Business / Faculty of Economics and Business >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

ルカシェンコ政権下におけるベラルーシの市場経済化とその促進要因

Files in This Item:
V43-1_03-1.pdf509.86 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/33860

Title: ルカシェンコ政権下におけるベラルーシの市場経済化とその促進要因
Authors: 吉野, 悦雄 Browse this author →KAKEN DB
Keywords: ベラルーシ
民営化
市場経済化
ルカシェンコ
ロシア
Issue Date: 28-Feb-2006
Publisher: 比較経済体制学会
Journal Title: 比較経済研究
Journal Title(alt): Japanese journal of comparative economics
Volume: 43
Issue: 1
Start Page: 25
End Page: 37
Abstract: ベラルーシは「抑圧の独裁国」と呼ばれ,国際社会からは孤立している。しかし,生活水準は堅実に上昇し,GDP は高い成長率を保っている。国営企業の民営化もその半分を達成した。しかしその民営化は極めて特殊な方法を採用しており,株式会社化した後も国家の支配が及ぶようになっている。またロシアから貿易を通した多額の資金移動があり,これが経済を支えている。しかし一方で西側からの外国直接投資は経済発展にとって不可欠な要因である。
Description: 研究ノート
Type: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/33860
Appears in Collections:経済学院・経済学研究院 (Graduate School of Economics and Business / Faculty of Economics and Business) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 吉野 悦雄

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University