HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Center for Advanced Tourism Studies >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

オープンソースによる自律的観光 : デザインプロセスへの観光客の参加とその促進メカニズム

Files in This Item:
1467-1.pdf897.64 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/34788

Title: オープンソースによる自律的観光 : デザインプロセスへの観光客の参加とその促進メカニズム
Other Titles: Autonomous Tourism by Open-source Management : Participation of Tourists to Tourism Design Process and its Mechanism
Authors: 敷田, 麻実1 Browse this author →KAKEN DB
森重, 昌之2 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Shikida, Asami1
Morishige, Masayuki2
Keywords: Autonomous Tourism
Participation in Design Process
Open-source
Circuit Model
Intermediary
Interpreter
自律的観光
デザインプロセスへの参加
オープンソース
サーキットモデル
インターミディアリー
インタープリタ
Issue Date: 22-Mar-2006
Publisher: 人間文化研究機構国立民族学博物館
Citation: 文化遺産マネジメントとツーリズムの持続的関係構築に関する研究 (国立民族学博物館調査報告 ; 61).西山徳明編.pp. 243-261
Abstract: 近年,地域社会や観光客の「自律性」に着目し,地域主導で創出する持続可能な観光として「自律的観光」が注目を集めている。しかし自律的観光の定義や実現プロセスなどについては,これまで十分に調査・研究されてこなかった。そこで本稿では,観光をデザインする観光地の立場から自律的観光を定義するとともに,観光客の観光デザインプロセスへの参加度合いが,観光地の自律性と関連することを述べた。そして観光地が観光に対する基本的考え方を示し,観光客の持つ多様な知識やノウハウを取り入れる方法として「オープンソースによる自律的観光」が優れていることを示した。また,オープンソースによる自律的観光を実現するためのプロセスモデルとして「サーキットモデル」を応用し,その促進要因としてインターミディアリーとインタープリタが重要であることを指摘した。さらに,デザインプロセスへの主体的参加を実践している登別市ネイチャーセンター「ふぉれすと鉱山」と,そこでインターミディアリーの役割を果たしているNPO法人「ねおす」の事例を紹介し,オープンソースによる自律的観光の実現可能性を検討した。
In the community-based tourism in Japan, much attention has been paid for an autonomous tourism. It is recognized as one of the conditions for achieving sustainable tourism at local level. Although there are many studies to document sustainability of tourism, there is no clear definition for the autonomous tourism. This study attempts to define and illustrate the autonomous tourism and its nature. It is the type of tourism that local community takes the initiative in management of tourism. At the same time, authors stated that the participation of tourists in tourism design process is related to the autonomy. To achieve autonomous tourism with proactive participation, "open- source" management that utilizes knowledge of tourists is strongly recommended. In addition, authors apply "circuit model" to create open-source Tourism management. To facilitate the model, intermediary and interpreter are important factors. Feasibility study of autonomous tourism by open-source management is carried out on "Forest KOZAN" and "NEOS" in Hokkaido.
Type: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/34788
Appears in Collections:観光学高等研究センター (Center for Advanced Tourism Studies) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 敷田 麻実

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

Feedback - Hokkaido University