HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Economics and Business / Faculty of Economics and Business >
經濟學研究 = The economic studies >
第58巻第4号 >

小売フォーマット概念の再検討

Files in This Item:
58-4_020.pdf153.81 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/37313

Title: 小売フォーマット概念の再検討
Other Titles: Rethinking Format Concept in Retailing
Authors: 坂川, 裕司1 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Sakagawa, Yuji1
Keywords: 小売業
フォーマット
業態
差別化
市場細分化
Issue Date: 12-Mar-2009
Publisher: 北海道大学大学院経済学研究科
Journal Title: 經濟學研究
Journal Title(alt): Economic Studies
Volume: 58
Issue: 4
Start Page: 271
End Page: 287
Abstract: まず本稿は,フォーマット概念に関して,先行研究における定義や用法,アプローチを整理した。先行研究は,フォーマットを差別化と市場細分化のコンテクストでとらえてきた。また分析に用いられるアプローチは,消費者行動と企業行動に焦点を当てたアプローチとに二分されてきた。次に本稿は,食品専門量販店を取り上げ,先行研究におけるフォーマット概念の定義にもとづいて事例を考察した。最後に本稿は,事例の考察を通じて,フォーマット概念を用いた先行研究に内在する問題点を明らかにした。 本稿は,先行研究のフォーマット概念について,2つの問題点を明らかにした。第1の問題点とは,同一の事例について考察したとしても,採りうるアプローチによって,フォーマットが多義的に解釈される可能性である。第2の問題点とは,時間軸においてフォーマットを定義し,小売企業の行動を分析することにともなう限界である。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/37313
Appears in Collections:經濟學研究 = The economic studies > 第58巻第4号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University