HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
文学研究科  >
西洋史論集 = Journal of occidental history, Hokkaido University >
第7号 >

Miroš Okuka, Eine Sprache-viele Erben. Sprachpolitik als Nationalisierungsinstrument in EX-Jugoslavien, Klagenfrut u.a : Wiser 1998 (Österreichisch-bosnische Beziehungen, 4), 163 S.

フルテキスト
7_112-116.pdf304.09 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/37460

タイトル: Miroš Okuka, Eine Sprache-viele Erben. Sprachpolitik als Nationalisierungsinstrument in EX-Jugoslavien, Klagenfrut u.a : Wiser 1998 (Österreichisch-bosnische Beziehungen, 4), 163 S.
著者: 徳野, 芳弘 著作を一覧する
発行日: 2004年 2月27日
出版者: 北海道大学文学部西洋史研究室
誌名: 西洋史論集
巻: 7
開始ページ: 112
終了ページ: 116
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/37460
出現コレクション:第7号

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学