HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Humanities and Human Sciences / Faculty of Humanities and Human Sciences >
知里真志保 人と学問 : 生誕百周年記念シンポジウム予稿集 >
Proceedings >

民族自身による言語の記録と研究

Files in This Item:
1_1-8.pdf3.97 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/38284

Title: 民族自身による言語の記録と研究
Authors: 津曲, 敏郎 Browse this author
Issue Date: 22-Feb-2009
Publisher: 北海道大学文学研究科北方研究教育センター
Journal Title: 知里真志保 人と学問 : 生誕百周年記念シンポジウム予稿集
Start Page: 1
End Page: 8
Abstract: 少数民族言語は今、世界的な規模で急速に失われつつある。親から子への自然な継承がむずかしくなった現在、民族自身が主体的に言語を記録し、次の世代へ受け渡すことの意味が重要性と緊急性を増している。アイヌ語の継承にとって、知里姉弟はその先駆者であったといえる。真志保生誕百年を機に、民族とその言語のかかわりについて、他言語の事例を紹介しながら、これからの少数民族言語の百年を展望する。
Description: 生誕百周年記念シンポジウム「知里真志保 人と学問」. 平成21年2月22日. 札幌市.
Conference Name: 生誕百周年記念シンポジウム「知里真志保 人と学問」
Conference Place: 札幌
Type: proceedings
URI: http://hdl.handle.net/2115/38284
Appears in Collections:知里真志保 人と学問 : 生誕百周年記念シンポジウム予稿集 > Proceedings

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University