HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
文学研究科  >
サハリンの言語世界 : 北大文学研究科公開シンポジウム報告集 = Linguistic World of Sakhalin : Proceedings of the Symposium, September 6, 2008 >
Proceedings >

ウイルタ語北方言調査の課題と展望

フルテキスト
02yamada.pdf490.75 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/38295

タイトル: ウイルタ語北方言調査の課題と展望
その他のタイトル: Some Topics and Prospect for the Studies on Northern Dialect of Uilta
著者: 山田, 祥子 著作を一覧する
発行日: 2009年 3月 8日
出版者: 北海道大学大学院文学研究科 = Graduate School of Letters, Hokkaido University
引用: 津曲敏郎編 = Toshiro Tsumagari ed.
誌名: サハリンの言語世界 : 北大文学研究科公開シンポジウム報告書 = Linguistic World of Sakhalin : Proceedings of the Symposium, September 6, 2008
開始ページ: 11
終了ページ: 26
抄録: サハリンの先住民族ウイルタの話す言語であるウイルタ語には、ワール(Val)などを含む北の地方とポロナイスク(Poronajsk)などを含む南の地方との間で方言差があるといわれてきた(Novikova & Sem 1997: 214、池上2001[1994]: 249)。しかし、両方言を体系的に比較・対照する研究はこれまでのところ池上(2001[1994];以下、初出年は省略)に限られ、その差異の問題には依然として未解明の部分が多く残っている。現在、ウイルタ語の話者数は全員数えても20 名に満たないとまでいわれている。このような危機的状況のなか、言語の保持・伝承に対する話者や研究者たちの積年の思いが結実し、2008 年4 月この言語初の文字教本(Ikegami et al. 2008)が出版された。その内容は、南北の地方で異なる語形を併記するなど、この言語の方言差の存在をはっきりと意識させるものとなっている。これは、研究者の意図だけでなく、編集に携わった話者たちによる方言区分の認識と志向が如実に反映された結果であるといえよう。しかし、その表記のなかには一貫しない部分も少なからずあり、ここにも今後のより体系的かつ詳細な方言の記述研究の必要性がうかがわれる。そこで本稿は、今後のウイルタ語方言研究において注目すべき課題を提示することにより、本研究の意義と展望を打ち立てることを目標とする。ここでは一貫して、池上(2001)による方言分類にもとづき、南方言を基準とした北方言の相違点を述べるという流れで論を展開する。ただし、本稿で述べるいずれの相違点も今後の調査に向けての問題提起であり、あくまでも今後の検討を要するものであるということをあらかじめことわっておく。全体の構成は以下のとおりである。まず1.では、ウイルタ語の方言分類に関する先行記述を概観する。次いで2.では、池上(2001)の記述にもとづく課題を4 点取り上げ、今ある資料から再検討する。3.では、筆者自身がこれまで南方言を中心に検討してきた課題2点について、方言の観点から再解釈する必要性を提示する。最後に4.で、結論としてこれまでの論点をまとめ、今後ウイルタ語北方言の調査を行なう展望を述べる。
Uilta, one of the indigenous languages of Sakhalin, is devided into 2 dialects: Southern Dialect (a.k.a. Poronaisk Dialect) and Northern Dialect (a.k.a. East-Sakhalin Dialect). There are found, however, few comparative descriptions of them, and the dialectal differences are mostly still open. The present paper aims to suggest some topics for the studies on the Northern Dialect, comparing with the Southern Dialect. The contents are as below: 0. Introduction 1. Dialect classification of Uilta 1.1 Regional groups 1.2 Dialect classification 1.3 The previous description: Ikegami (2001) 2. Topics for the study on Uilta Northern Dialect (1): based on Ikegami (2001) 2.1 Phonemes and difference of phonetic values 2.2 Single occuring voiceless velar stop in intervocalic position 2.3 Fusion/ agglutination with imperfective verbal-noun-ending 2.4 Nominal predicate constructions 3. Topics for the study on Uilta Northern Dialect (2): other problems 3.1 The word order 3.2 Hearsay forms in the folklore texts 4. Conclusions These are just some tentative proposals for future studies and discussions. The dialectal i.e. regional differences of the Uilta language are possibly connected with influences from other languages. It is expected that such dialect studies will lead to the expanded comparative studies with the various languages on Sakhalin.
記述: 北大文学研究科北方研究教育センター公開シンポジウム「サハリンの言語世界」. 平成20年9月6日. 札幌市
資料タイプ: proceedings
URI: http://hdl.handle.net/2115/38295
出現コレクション:Proceedings

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学