HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
文学研究科  >
サハリンの言語世界 : 北大文学研究科公開シンポジウム報告集 = Linguistic World of Sakhalin : Proceedings of the Symposium, September 6, 2008 >
Proceedings >

樺太アイヌ語の数詞について

フルテキスト
08murasaki.pdf780.32 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/38301

タイトル: 樺太アイヌ語の数詞について
その他のタイトル: Numerals in the Sakhalin Dialect of Ainu
著者: 村崎, 恭子 著作を一覧する
発行日: 2009年 3月 8日
出版者: 北海道大学大学院文学研究科 = Graduate School of Letters, Hokkaido University
引用: 津曲敏郎編 = Toshiro Tsumagari ed.
誌名: サハリンの言語世界 : 北大文学研究科公開シンポジウム報告書 = Linguistic World of Sakhalin : Proceedings of the Symposium, September 6, 2008
開始ページ: 71
終了ページ: 84
抄録: The Ainu language can be divided into three main dialect groups: Hokkaido Ainu (HA), Sakhalin Ainu (SA), and Kuril Ainu (KA). It is generally considered that the Ainu number system is based on a vigesimal system. However, as far as modern SA is concerned, a decimal system is used. This paper gives actual examples from the available materials and compares them with KA and HA. I hope to consider the relevant linguistic changes and historical background with everyone here.
記述: 北大文学研究科北方研究教育センター公開シンポジウム「サハリンの言語世界」. 平成20年9月6日. 札幌市
資料タイプ: proceedings
URI: http://hdl.handle.net/2115/38301
出現コレクション:Proceedings

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学