HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
文学研究科  >
サハリンの言語世界 : 北大文学研究科公開シンポジウム報告集 = Linguistic World of Sakhalin : Proceedings of the Symposium, September 6, 2008 >
Proceedings >

ニブフ語と近隣諸言語との類型的異同・言語接触について

フルテキスト
13kazama.pdf422.68 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/38306

タイトル: ニブフ語と近隣諸言語との類型的異同・言語接触について
その他のタイトル: Topics in the Typology and Language Contact of Nivkh and its Neighboring Languages
著者: 風間, 伸次郎 著作を一覧する
発行日: 2009年 3月 8日
出版者: 北海道大学大学院文学研究科 = Graduate School of Letters, Hokkaido University
引用: 津曲敏郎編 = Toshiro Tsumagari ed.
誌名: サハリンの言語世界 : 北大文学研究科公開シンポジウム報告書 = Linguistic World of Sakhalin : Proceedings of the Symposium, September 6, 2008
開始ページ: 127
終了ページ: 144
抄録: 本稿は前半部と後半部からなる。前半部ではニブフ語の類型論的な対照、後半部ではニブフ語とツングース諸語の言語接触を問題にする。前半部は、特に文法に関して、類型論的な観点からニブフ語とその近隣諸言語の異同について対照を行うものである。近隣諸言語としては、特に朝鮮語とツングース諸語を重点的にとりあげる。必要に応じて、日本語、モンゴル語、アイヌ語、エスキモー語などもとりあげる。後半部の言語接触に関しては、ツングース諸語(特にウルチャ語)からニブフ語への借用、もしくはその逆方向への借用をとりあげて論じる。
This paper consists of two parts: in the former, I give a typological characterization of Nivkh and its neighboring languages, especially Korean and Tungusic languages, even though I also refer to Japanese, Mongolian, Ainu, and Eskimo where necessary; in the latter, I discuss the issue of language contact between Nivkh and Tungusic languages, where the focus is on the lexical borrowing between Tungusic (Ulcha in particular) and Nivkh.
記述: 北大文学研究科北方研究教育センター公開シンポジウム「サハリンの言語世界」. 平成20年9月6日. 札幌市
資料タイプ: proceedings
URI: http://hdl.handle.net/2115/38306
出現コレクション:Proceedings

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学