HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
文学研究科  >
サハリンの言語世界 : 北大文学研究科公開シンポジウム報告集 = Linguistic World of Sakhalin : Proceedings of the Symposium, September 6, 2008 >
Proceedings >

山本多助氏のノートに含まれるアイヌ語樺太方言語彙

フルテキスト
14tamura.pdf464.6 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/38307

タイトル: 山本多助氏のノートに含まれるアイヌ語樺太方言語彙
その他のタイトル: Vocabulary of the Sakhalin Dialect of Ainu and Oral-History in the Note by Tasuke YAMAMOTO
著者: 田村, 将人 著作を一覧する
発行日: 2009年 3月 8日
出版者: 北海道大学大学院文学研究科 = Graduate School of Letters, Hokkaido University
引用: 津曲敏郎編 = Toshiro Tsumagari ed.
誌名: サハリンの言語世界 : 北大文学研究科公開シンポジウム報告書 = Linguistic World of Sakhalin : Proceedings of the Symposium, September 6, 2008
開始ページ: 145
終了ページ: 155
抄録: Tasuke YAMAMOTO (1904-1993), a Hokkaido Ainu man who was born in Kushiro, made a trip to two Sakhalin Ainu's villages (Niitoi and Shirahama) in 1936-1937. He then recorded vocabulary of the Sakhalin dialect of Ainu and oral-history about chiefs. His notes were donated to the Municipal Library of Kushiro in Hokkaido.
記述: 北大文学研究科北方研究教育センター公開シンポジウム「サハリンの言語世界」. 平成20年9月6日. 札幌市
資料タイプ: proceedings
URI: http://hdl.handle.net/2115/38307
出現コレクション:Proceedings

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学