HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
水産科学院・水産科学研究院  >
雑誌発表論文等  >

Survival of Koi Herpesvirus (KHV) in Environmental Water

フルテキスト
yoshimizu-232.pdf412.31 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/38368

タイトル: Survival of Koi Herpesvirus (KHV) in Environmental Water
その他のタイトル: コイヘルペスウイルスKHVの環境水中における生存性
著者: Shimizu, Tomoko 著作を一覧する
Yoshida, Natsuko 著作を一覧する
Kasai, Hisae 著作を一覧する
Yoshimizu, Mamoru 著作を一覧する
キーワード: koi herpesvirus
KHV
Cyprinid herpesvirus 3
Cyprinus carpio
inactivation
発行日: 2006年12月
出版者: 日本魚病学会 = Japanese Society of Fish Pathology
誌名: 魚病研究 = Fish Pathology
巻: 41
号: 4
開始ページ: 153
終了ページ: 157
出版社 DOI: 10.3147/jsfp.41.153
抄録: The survivability of koi herpesvirus (KHV) in environmental water and sediment was evaluated using CCB cells. Samples were collected from Ibaraki prefecture, Kanagawa prefecture and Hakodate, Hokkaido. Significant reduction in the infectious titer of KHV was observed within 3 days in intact environmental water or sediment. However, KHV infectivity remained for more than 7 days in autoclaved or filtered (0.45 mm) water. In the autoclaved water containing sediment, KHV infectivity dropped below detectable limits within 7 days after inoculation. Ten of the 147 bacterial strains from rivers in Kanagawa, and two of the 62 bacterial strains from water from, Hakodate showed anti-KHV properties. The results suggest that in the absence of hosts, KHV can be rapidly inactivated in environmental water.
茨城県霞ヶ浦の湖水および底泥, 神奈川県鶴見川水系6地点および函館市内3河川5地点より水を採取し, KHVの環境中における生存性を培養細胞を用いて評価した。KHVの感染価は, 無処理の試料水中および底泥中ではウイルスを添加して3日以内に検出限界以下となったが, オートクレーブ滅菌またはろ過滅菌した試料中では, 比較的安定であった。また, 環境水中から抗KHV活性を有する細菌が分離された。これらの結果から, 宿主が存在しない環境水中でKHVは比較的速やかに不活化することが示された。
資料タイプ: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/38368
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 吉水 守

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学