HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
水産科学院・水産科学研究院  >
雑誌発表論文等  >

電解海水を用いた蓄養によるウニ内臓からの Vibrio parahaemolyticus 除菌効果について

フルテキスト
yoshimizu-243.pdf789.14 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/38409

タイトル: 電解海水を用いた蓄養によるウニ内臓からの Vibrio parahaemolyticus 除菌効果について
その他のタイトル: Effect of rearing using an electrolyzed seawater on reduction of Vibrio parahaemolyticus from sea urchin
著者: 木村, 稔 著作を一覧する
三上, 加奈子 著作を一覧する
干川, 裕 著作を一覧する
森, 立成 著作を一覧する
笠井, 久会 著作を一覧する
吉水, 守 著作を一覧する
キーワード: ウニ
殺菌
除菌
蓄養
腸炎ビブリオ
電解海水
発行日: 2006年 1月15日
出版者: 日本水産学会 = The Japanese Society of Scientific Fisheries
誌名: 日本水産学会誌 = Bulletin of the Japanese Society of Scientific Fisheries
巻: 72
号: 1
開始ページ: 1
終了ページ: 5
出版社 DOI: 10.2331/suisan.72.1
抄録: A study was carried out in order to reduce the hygienic bacteria from sea urchin Strongylocentrotus nudus viscera. The effect of pre-culturing before shipment using electrolyzed seawater on reduction of Vibrio parahaemolyticus and viable bacteria inhabiting the sea urchin viscera was examined. When 3% salt water suspended with V. parahaemolyticus was electrolyzed, the viable number of V. parahaemolyticus was reduced by more than 99.99% after treatment with 0.23mg/L chlorine for one minute. In the case of sea urchin reared with electrolyzed seawater containing 0.76mg/L chlorine for 2 days, a lot of dejecture was discharged, and the bacteria in the sea urchin viscera were reduced by more than 90%.
Rights: ©2006 公益社団法人日本水産学会 The Japanese Society of Fisheries Science
本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
資料タイプ: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/38409
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 吉水 守

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学