HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
観光学高等研究センター  >
雑誌発表論文等  >

観光地域ガバナンスにおける関係性モデルと中間システムの分析 : 北海道浜中町・霧多布湿原トラストの事例から

フルテキスト
shikida-1654.pdf1.36 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/38842

タイトル: 観光地域ガバナンスにおける関係性モデルと中間システムの分析 : 北海道浜中町・霧多布湿原トラストの事例から
その他のタイトル: Tourism Relationship Model and Intermediary in Community Governance : Case Study of Kiritappu Wetland Trust in Hamanaka, Hokkaido
著者: 敷田, 麻実 著作を一覧する
木野, 聡子 著作を一覧する
森重, 昌之 著作を一覧する
発行日: 2009年 3月
出版者: 日本地域政策学会
誌名: 日本地域政策研究
巻: 7
開始ページ: 65
終了ページ: 72
抄録: This paper discusses the community tourism governance for the sustainable tourism development led by actors. The authors propose the simple relationship model involving destination resources, extra-regional actors and an intermediary. The model is characterized by four functions of intermediary, commercialization, public relations and sales, visitation of tourists, and reinvestment for community resources. The case of Kiritappu wetland trust at Hamanaka, Hokkaido is studied and is well described by this model. It is likely to be an ideal case for the community sustainable tourism since the intermediary of the case has four effective functions. The authors believe that the model can be a unique and useful tool for developing community sustainable tourism.
資料タイプ: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/38842
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 敷田 麻実

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学