HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
経済学研究科  >
經濟學研究 = The economic studies >
第59巻第2号 >

中央競技団体の戦略と組織

フルテキスト
59-2_004.pdf2.18 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/39321

タイトル: 中央競技団体の戦略と組織
その他のタイトル: Strategy and Structure of National Sports Federations
著者: 赤岡, 広周 著作を一覧する
キーワード: スポーツマネジメント
非営利組織
中央競技団体
発行日: 2009年 9月10日
出版者: 北海道大学大学院経済学研究科
誌名: 經濟學研究 = Economic Studies
巻: 59
号: 2
開始ページ: 49
終了ページ: 56
抄録: 中央競技団体を対象とした,非営利組織のマネジメントの実証研究。中央競技団体の環境(外部利害関係組織の影響度,公組織への資源依存性,中央競技団体の競争力,タスクの不確実性)は,中央競技団体の戦略策定に影響する。さらに中央競技団体の環境および戦略は,中央競技団体の組織特性(公式化,分権化,複雑性,リーダーシップ,問題直視のコンフリクト解消,パワーとコントロールの分散)に影響を及ぼす。以下の仮説が支持された。仮説1 中央競技団体は,外部利害関係組織の影響度が高いほど協調戦略を採用し,外部利害関係組織の影響度が低いほど単独戦略を採用する。仮説2 協調戦略を採用する中央競技団体のうち,競争力が高いほど多様化戦略を採用し,競争力が低いほど効率化戦略を採用する。仮説3 協調戦略を採用する中央競技団体のうち,公組織への資源依存性が高いほど効率化戦略を採用し,公組織への資源依存性が低いほど多様化戦略を採用する。仮説4 中央競技団体において,環境状況と戦略が異なれば組織特性も異なる。仮説5 組織成果の高い中央競技団体は,組織成果の低い中央競技団体とは異なる環境状況-戦略-組織特性間関係を展開する。
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/39321
出現コレクション:第59巻第2号

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学