HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Economics and Business / Faculty of Economics and Business >
經濟學研究 = The economic studies >
第59巻第2号 >

中央競技団体の戦略と組織

Files in This Item:
59-2_004.pdf2.18 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/39321

Title: 中央競技団体の戦略と組織
Other Titles: Strategy and Structure of National Sports Federations
Authors: 赤岡, 広周1 Browse this author
Authors(alt): Akaoka, Hirochika1
Keywords: スポーツマネジメント
非営利組織
中央競技団体
Issue Date: 10-Sep-2009
Publisher: 北海道大学大学院経済学研究科
Journal Title: 經濟學研究
Journal Title(alt): Economic Studies
Volume: 59
Issue: 2
Start Page: 49
End Page: 56
Abstract: 中央競技団体を対象とした,非営利組織のマネジメントの実証研究。中央競技団体の環境(外部利害関係組織の影響度,公組織への資源依存性,中央競技団体の競争力,タスクの不確実性)は,中央競技団体の戦略策定に影響する。さらに中央競技団体の環境および戦略は,中央競技団体の組織特性(公式化,分権化,複雑性,リーダーシップ,問題直視のコンフリクト解消,パワーとコントロールの分散)に影響を及ぼす。以下の仮説が支持された。仮説1 中央競技団体は,外部利害関係組織の影響度が高いほど協調戦略を採用し,外部利害関係組織の影響度が低いほど単独戦略を採用する。仮説2 協調戦略を採用する中央競技団体のうち,競争力が高いほど多様化戦略を採用し,競争力が低いほど効率化戦略を採用する。仮説3 協調戦略を採用する中央競技団体のうち,公組織への資源依存性が高いほど効率化戦略を採用し,公組織への資源依存性が低いほど多様化戦略を採用する。仮説4 中央競技団体において,環境状況と戦略が異なれば組織特性も異なる。仮説5 組織成果の高い中央競技団体は,組織成果の低い中央競技団体とは異なる環境状況-戦略-組織特性間関係を展開する。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/39321
Appears in Collections:經濟學研究 = The economic studies > 第59巻第2号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University