HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
経済学研究科  >
經濟學研究 = The economic studies >
第59巻第2号 >

日本多国籍企業の中国における研究開発活動 : 全体像の分析

フルテキスト
59-2_006.pdf2.91 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/39323

タイトル: 日本多国籍企業の中国における研究開発活動 : 全体像の分析
その他のタイトル: R&D Activities by Japanese Multinational Enterprises : Overview in China
著者: 時, 鍵 著作を一覧する
キーワード: 日本多国籍企業
製造業
中国
研究開発
全体像
発行日: 2009年 9月10日
出版者: 北海道大学大学院経済学研究科
誌名: 經濟學研究 = Economic Studies
巻: 59
号: 2
開始ページ: 81
終了ページ: 92
抄録: 本稿は,日本多国籍企業の中国における研究開発活動の全体像を分析することを目的としている。最新のデータを用いて,中国での研究開発活動の全体像を分析した結果,主に次の5点が明らかになった。第1に,日本多国籍企業による中国での研究開発拠点の設置は,1980年代末からはじめ,2004年にピークを迎え,拠点数は着実に増加していた。第2に,研究開発拠点の業種分布(製造業)は,電機,機械,化学,自動車,精密機器の拠点数が上位5位になっていた。また,業種ごと時期ごとに設置ペースは異なっていた。第3に,研究開発拠点の地域分布は,上海,北京,江蘇の3つの地域に集中しているが,2000年以降,遼寧,天津,山東,陝西,湖北などの地域へ拡大する傾向があった。第4に,研究開発拠点の規模は全体的に小さいが,2005年以降は大規模な研究開発拠点が増加していた。第5に,日本多国籍企業の中国での研究開発拠点の出資比率は,特に1992年以降は100%出資が多くなっていた。 以上の通り,本稿では,近年の日本多国籍企業の中国における研究開発活動の全体像を明らかにしている。
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/39323
出現コレクション:第59巻第2号

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学