HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
保健科学院・保健科学研究院  >
雑誌発表論文等  >

高齢者・障害者同居住宅における平面構成の特性について : 北海道内の新築事例から

フルテキスト
asaka_rika17-107.pdf159.06 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/39529

タイトル: 高齢者・障害者同居住宅における平面構成の特性について : 北海道内の新築事例から
その他のタイトル: Characteristics of House Designs for the Elderly and Disabled : A Case Study of New Houses in Hokkaido
著者: 浅賀, 忠義 著作を一覧する
平岡, 泰治 著作を一覧する
キーワード: house designs
the elderly and disabled
corridor type
住宅平面
高齢者・障害者
回廊型
発行日: 2002年 5月
出版者: 理学療法科学学会
誌名: 理学療法科学
巻: 17
号: 2
開始ページ: 107
終了ページ: 112
出版社 DOI: 10.1589/rika.17.107
抄録: The purpose of this study is to clarify the characteristics of house designs for the elderly and disabled. We devised a method for characterizing the plans of new houses and compared examples of new houses for the disabled and ordinary non-adapted houses in the Hokkaido region of Japan. We examined 65 houses for the disabled and 70 ordinary non-adapted houses. The results showed that the proportion of corridor type designs, in which there are two lines of flow in the bedroom, was significantly more in the houses for the disabled. In addition, more classifications were needed to categorize the houses for the disabled, some of which contained a toilet and/or bathroom for exclusive use by the disabled member of the household.
本研究の目的は,高齢者・障害者同居住宅の平面構成の特性を明らかにすることである。そのために,住宅平面の類型化を用いた手法を新たに考案し,北海道内の新築事例から障害者住宅と一般住宅とを比較検討した。得られたサンプル数は障害者住宅が65,一般住宅が70だった。その結果,障害者住宅は,一般住宅に比べて本人の寝室に2つの動線をもつ「回廊型」が有意に多いことが示された。また,障害者住宅は類型化した全てのタイプに分散され,さらにトイレ・浴室が本人専用であることから疑似型が生じた。従って,障害者住宅の平面特性として「回廊型」が多く,多様性であることが示唆される。
資料タイプ: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/39529
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 浅賀 忠義

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学