HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
保健科学院・保健科学研究院  >
雑誌発表論文等  >

一対比較法を用いた保護者の小児救急医療機関の選好度の分析

フルテキスト
ogasawara_JJSHA46_231.pdf833.22 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/40099

タイトル: 一対比較法を用いた保護者の小児救急医療機関の選好度の分析
その他のタイトル: Analysis of the behavior of guardians in selecting pediatric emergency facilities by using the paired comparison method
著者: 谷川, 琢海 著作を一覧する
大場, 久照 著作を一覧する
小笠原, 克彦 著作を一覧する
櫻井, 恒太郎 著作を一覧する
キーワード: 小児救急医療
一対比較法
選好度
pediatric emergency care
paired comparison method
selectivity
発行日: 2009年10月
出版者: 日本医療・病院管理学会
誌名: 日本医療・病院管理学会誌
掲載誌等別名: Journal of the Japan Society for Healthcare administration
巻: 46
号: 4
開始ページ: 231
終了ページ: 239
抄録: 地域住民の小児救急医療施設の選好度を明らかにすることを目的に,一対比較法を用いたアンケート調査によって病院の選択要因の重要度を相対的に評価した。子供が急病である時の病院の選択要因を7つ設定し,各2つの選択要因対について,どちらが,どれだけ,重要と考えるかを尋ねた。調査は,幼稚園に通う子供の保護者に対して153部を記布し,73通の有効回答を得た。その結果,保護者は小児救急医療機関を選択する際に小児科の医師がいることを他の要因と比較して重要であると考えていることが明らかとなった。また,小児科までの移動距離を重要と考える傾向は弱かったが,医療機関の近隣に住む住民は,小児科までの距離が遠くなることに対して抵抗感があることが示唆された。安心感に関わる選択要因の重要度が高く,地域の小児科開業医や総合診療医との医療連携体制の構築など,保護者に安心感を提供する施策が必要であると考えられた。
To elucidate the selection of pediatric emergency facilities by area residents, the weights of factors used to select hospitals were relatively evaluated by conducting a questionnaire survey with the aid of a paired comparison method. Seven factors that may be considered in selecting a hospital when one's child falls seriously ill were cited. For each pair of selection factors, a question was asked as to which is considered more important and by how much. Among parents of children attending kindergartens, 153 questionnaires were distributed, out of which 73 valid responses were returned. The results indicated that the guardians considered the presence of a pediatrician more important than other factors in selecting a pediatric emergency facility. The tendency to regard the distance to the pediatric facility as important was minimal; but it was suggested that those residing in the vicinity of a medical facility resisted being far from a pediatric department. A need was recognized to offer public policies with due consideration toward selection factors that are related to assurance (such as establishment of a medical referral system between local pediatric practitioners and general physicians).
記述: 研究資料
資料タイプ: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/40099
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 小笠原 克彦

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学