HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
経済学研究科  >
經濟學研究 = The economic studies >
第59巻第3号 >

非営利組織の理事と職員 : 会員数増減の効果

フルテキスト
ES59-3_009.pdf107.53 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/40120

タイトル: 非営利組織の理事と職員 : 会員数増減の効果
その他のタイトル: Nonprofit Directors and Staff : The Effect of Increasing and Decreasing Membership
著者: 西村, 友幸 著作を一覧する
キーワード: 非営利組織
管理者要素
経時的分析
成長と衰退
代謝
発行日: 2009年12月10日
出版者: 北海道大学大学院経済学研究科
誌名: 經濟學研究 = Economic Studies
巻: 59
号: 3
開始ページ: 85
終了ページ: 94
抄録: 非営利組織のサンプルを用いて,組織規模と管理者要素との関係を経時的に分析した。4年間で組織規模すなわち会員数が増加した73社を「成長組」に,減少した85社を「衰退組」にグループ化し,同期間に各グループにおいて管理者要素(理事と職員の2種類)がどのように変化したのかを測定した。管理者要素の変化パターンは,成長組と衰退組の間で非対称的であった。すなわち,(1)衰退する組織における職員の減少は,成長する組織における職員の増加よりもペースが緩慢である,(2)成長する組織における理事の増加は,衰退する組織における理事の減少よりもペースが緩慢である,の2点が確認された。先行関連研究が提示した「ヒステリシス」あるいは「ラチェット効果」という概念は,(1)の職員の「減りにくい」性質を記述するのに適しているが,(2)の理事の「増えにくい」性質についてはそうではない。本稿は,「代謝」という概念を導入して,管理者要素の増減パターンの理解を試みている。
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/40120
出現コレクション:第59巻第3号

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学