HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Economics and Business / Faculty of Economics and Business >
經濟學研究 = The economic studies >
第59巻第3号 >

日本企業の中国における研究開発のグローバル化 : 日産自動車の事例

Files in This Item:
ES59-3_011.pdf225.8 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/40122

Title: 日本企業の中国における研究開発のグローバル化 : 日産自動車の事例
Other Titles: R&D Activities of Japanese MNCs in China : A Case of Nissan Motor Co., Ltd.
Authors: 岩田, 智1 Browse this author →KAKEN DB
時, 鍵2 Browse this author
Authors(alt): Iwata, Satoshi1
Shi, Jian2
Keywords: 中国
研究開発
グローバル化
グローバル・イノベーション
グローバル・シナジー
Issue Date: 10-Dec-2009
Publisher: 北海道大学大学院経済学研究科
Journal Title: 經濟學研究
Journal Title(alt): Economic Studies
Volume: 59
Issue: 3
Start Page: 99
End Page: 116
Abstract: 本研究は,日本企業の中国における研究開発のグローバル化によるイノベーション(グローバル・イノベーション)の戦略的プロセスや組織的メカニズムを日産自動車の事例にもとづいて解明したものである。分析の結果,次のようなことが明らかになった。 日産自動車の中国におけるグローバル・イノベーションの戦略的プロセスでは,ローカル・シナジーにもとづく行動が多くみられ,グローバル・シナジーにもとづく行動はあまりみられなかった。しかし,今後は現地部品の活用方法や原価低減の方法など,研究開発方法に関する中国で蓄積された研究開発資源が,特にインドなど他の発展途上国での有効性が高くなる可能性があり,今まで以上にグローバル・シナジーにもとづく行動が必要なことが判明した。日産自動車の中国におけるグローバル・イノベーションの組織的メカニズムでは,戦略的プロセスを支えるための組織体制,情報交換、および意識改革などに関する組織的メカニズムの重要性が明らかになった。 また,本研究により、国際経営(論),研究開発(論),および経営戦略(論)に関するいくつかの理論的,実践的含意を得ることもできた。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/40122
Appears in Collections:經濟學研究 = The economic studies > 第59巻第3号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University