HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Economics and Business / Faculty of Economics and Business >
經濟學研究 = The economic studies >
第59巻第3号 >

雪印乳業集団食中毒事件に関する事例研究の整理と検討

Files in This Item:
ES59-3_015.pdf116.79 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/40126

Title: 雪印乳業集団食中毒事件に関する事例研究の整理と検討
Other Titles: An Examination of Case Studies of the Snow Brand Food Poisoning Incident
Authors: 谷口, 勇仁1 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Taniguchi, Eugene1
Keywords: 企業事故
雪印乳業
集団食中毒
食中毒事件
雪印乳業集団食中毒事件
Issue Date: 10-Dec-2009
Publisher: 北海道大学大学院経済学研究科
Journal Title: 經濟學研究
Journal Title(alt): Economic Studies
Volume: 59
Issue: 3
Start Page: 179
End Page: 187
Abstract: 2000年6月に発生した雪印乳業株式会社の集団食中毒事件は社会的に大きな注目を浴び,製品の安全性に関するエポックメイキングな事件として位置づけられている。また,学術的にも,雪印乳業集団食中毒事件は様々な観点から検討がなされている。特に,食中毒事件の発生原因について,直接の原因や組織的原因等,様々な要因が検討されている。 本稿では,雪印乳業集団食中毒事件の発生原因について考察された研究を検討し,その発生原因として指摘されている様々な要因について整理・検討を行うことを目的とする。まず,雪印乳業集団食中毒事件について概観し,雪印乳業集団食中毒事件に関する公式見解とメディアの見解を検討する。その後,雪印乳業集団食中毒事件の発生原因について考察している先行研究を整理し,(1)競争環境の激化,(2)事故経験の忘却,(3)利益優先主義の企業風土,(4)安全意識の欠落という要因を抽出した。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/40126
Appears in Collections:經濟學研究 = The economic studies > 第59巻第3号

Submitter: 谷口 勇仁

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University