HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
経済学研究科  >
經濟學研究 = The economic studies >
第59巻第3号 >

雪印乳業集団食中毒事件に関する事例研究の整理と検討

フルテキスト
ES59-3_015.pdf116.79 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/40126

タイトル: 雪印乳業集団食中毒事件に関する事例研究の整理と検討
その他のタイトル: An Examination of Case Studies of the Snow Brand Food Poisoning Incident
著者: 谷口, 勇仁 著作を一覧する
キーワード: 企業事故
雪印乳業
集団食中毒
食中毒事件
雪印乳業集団食中毒事件
発行日: 2009年12月10日
出版者: 北海道大学大学院経済学研究科
誌名: 經濟學研究 = Economic Studies
巻: 59
号: 3
開始ページ: 179
終了ページ: 187
抄録: 2000年6月に発生した雪印乳業株式会社の集団食中毒事件は社会的に大きな注目を浴び,製品の安全性に関するエポックメイキングな事件として位置づけられている。また,学術的にも,雪印乳業集団食中毒事件は様々な観点から検討がなされている。特に,食中毒事件の発生原因について,直接の原因や組織的原因等,様々な要因が検討されている。 本稿では,雪印乳業集団食中毒事件の発生原因について考察された研究を検討し,その発生原因として指摘されている様々な要因について整理・検討を行うことを目的とする。まず,雪印乳業集団食中毒事件について概観し,雪印乳業集団食中毒事件に関する公式見解とメディアの見解を検討する。その後,雪印乳業集団食中毒事件の発生原因について考察している先行研究を整理し,(1)競争環境の激化,(2)事故経験の忘却,(3)利益優先主義の企業風土,(4)安全意識の欠落という要因を抽出した。
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/40126
出現コレクション:第59巻第3号

提供者: 谷口 勇仁

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学