HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
経済学研究科  >
經濟學研究 = The economic studies >
第59巻第3号 >

ツール・ド・北海道と車粉問題の解決プロセスの特徴

フルテキスト
ES59-3_019.pdf87.75 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/40130

タイトル: ツール・ド・北海道と車粉問題の解決プロセスの特徴
その他のタイトル: Features of Tour de Hokkaido and Studded Tire Problem Solving Process
著者: 後藤, 祐一 著作を一覧する
キーワード: NPO
政府
企業
戦略的協働
比較
発行日: 2009年12月10日
出版者: 北海道大学大学院経済学研究科
誌名: 經濟學研究 = Economic Studies
巻: 59
号: 3
開始ページ: 225
終了ページ: 234
抄録: 本稿の目的は,「ツール・ド・北海道」と「車粉問題の解決プロセス」におけるNPO,政府,企業間の戦略的協働の2事例の分析結果を詳細に比較・検討し,NPO,政府,企業間の戦略的協働の特徴を析出することである。 2つの事例は,NPO,政府,企業間の戦略的協働の形成から実現・展開までの一連のプロセスを包括的かつ動態的に分析するための理論的枠組である「協働の窓モデル」にもとづき分析された。「協働の窓モデル」にもとづき分析された戦略的協働の事例の分析結果,および,析出された命題の妥当性について検討する。 その結果,戦略的協働の複雑性と協働の場と協働の窓に関する2つの仮説命題と,2つの戦略的協働に共通する特徴に関する7つの仮説命題が析出された
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/40130
出現コレクション:第59巻第3号

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学