HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
工学研究科  >
北海道大学工学部研究報告 = Bulletin of the Faculty of Engineering, Hokkaido University >
No.121 >

最小二乗法を用いた電子スピンエコーの核変調効果解析による常磁性種の局所構造決定

フルテキスト
121_51-58.pdf440.36 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/41871

タイトル: 最小二乗法を用いた電子スピンエコーの核変調効果解析による常磁性種の局所構造決定
その他のタイトル: Analysis of Electron Spin-Echo Nuclear Modulation by the Least-Squares Method
著者: 市川, 恒樹 著作を一覧する
吉田, 宏 著作を一覧する
発行日: 1984年 5月31日
出版者: 北海道大学 = Hokkaido University
誌名: 北海道大學工學部研究報告 = Bulletin of the Faculty of Engineering, Hokkaido University
巻: 121
開始ページ: 51
終了ページ: 58
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/41871
出現コレクション:No.121

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学