HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
工学研究科  >
北海道大学工学部研究報告 = Bulletin of the Faculty of Engineering, Hokkaido University >
No.137 >

炭層発破により生ずる変位及び応力の坑内測定結果と発破振動が突出パラメータに及ぼす影響について

フルテキスト
137_19-30.pdf725.78 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/42051

タイトル: 炭層発破により生ずる変位及び応力の坑内測定結果と発破振動が突出パラメータに及ぼす影響について
その他のタイトル: On the Displacement and Stress in the Coal Seam around a Shot Point and Their Effect Against the Parameters of Coal and Gas Outbursts
著者: 氏平, 増之 著作を一覧する
渡辺, 勉 著作を一覧する
発行日: 1987年10月31日
出版者: 北海道大学 = Hokkaido University
誌名: 北海道大學工學部研究報告 = Bulletin of the Faculty of Engineering, Hokkaido University
巻: 137
開始ページ: 19
終了ページ: 29
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/42051
出現コレクション:No.137

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学