HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Fisheries Sciences / Faculty of Fisheries Sciences >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

水苔由来ピートモスによる重金属イオンのバイオソープション

Files in This Item:
2006b.pdf477.12 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/44075

Title: 水苔由来ピートモスによる重金属イオンのバイオソープション
Other Titles: Biosorption of Heavy Metals onto Sphagnum Peat Moss
Authors: 関, 秀司1 Browse this author →KAKEN DB
于, 克鋒2 Browse this author
丸山, 英男3 Browse this author →KAKEN DB
鈴木, 翼4 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Seki, Hideshi1
Yu, Kefeng2
Maruyama, Hideo3
Suzuki, Akira4
Keywords: バイオソープション
カドミウム
水苔由来ピートモス
Biosorption
Cadmium
Lead
Sphagnum Peat Moss
Issue Date: 2006
Publisher: 化学工学会
Journal Title: 化学工学論文集
Volume: 32
Issue: 5
Start Page: 409
End Page: 413
Publisher DOI: 10.1252/kakoronbunshu.32.409
Abstract: 水苔由来の腐植物質であるピートモスの重金属吸着剤への利用を目的としてカドミウムと鉛に対する吸着特性について検討した.金属結合サイトである酸性基(カルボキシル基とフェノール性水酸基)の数と解離定数を電位差滴定によって決定した後に,カドミウムおよび鉛吸着実験の結果を酸性基への水素イオンと金属イオンの結合反応に基づく吸着モデルを用いて解析し,ピートモスへの2価金属イオンの吸着がBidentate型であることを明らかにした.ピートモスには約1.5 mmol・g-1の酸性基が存在し,2価金属イオンに対する吸着容量は約0.75 mmol・g-1であった.また,カドミウムおよび鉛イオンの吸着速度過程が擬二次速度式に従うことを示した.
Rights: 出版社版あり http://www.jstage.jst.go.jp/browse/kakoronbunshu/-char/ja
Relation: http://www.jstage.jst.go.jp/browse/kakoronbunshu/-char/ja
Type: article (author version)
URI: http://hdl.handle.net/2115/44075
Appears in Collections:水産科学院・水産科学研究院 (Graduate School of Fisheries Sciences / Faculty of Fisheries Sciences) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 関 秀司

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University