HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
北海道大学サステナビリティ・ウィーク  >
北海道大学サステナビリティ・ウィーク2010  >

インフルエンザなどの人獣共通感染症を克服する : 統合科学実験展示 : [1]

主催:北海道大学総合博物館
共催:北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター、感染症研究国際ネットワーク推進プログラム、グローバルCOEプログラム、北大統合科学コンソーシアム;文部科学省「感染症研究国際ネットワーク推進プログラム」北海道大学高等教育推進機構高等教育研究部 科学技術コミュニケーション研究部門(CoSTEP)

Organizer: The Hokkaido University Museum
Co-host: Global COE Program “Establishment of International Collaboration Centers for Zoonosis Control”, Hokudai Integrated Science Consortium, Hokkaido University Research Center for Zoonosis Control

インフルエンザやエボラ出血熱といった人獣共通感染症の研究に使われる最先端設備を北海道大学博物館内に展示します。パネル、ビデオ、模型、顕微鏡観察や実験体験を通じ、研究内容を学びます。
人獣共通感染症の発生や流行を食い止めるには、医学、獣医学、薬学、工学、理学といった分野が合わさって、新しい見方で研究と教育を行うことが重要です。この新しい科学のあり方を「統合科学」と位置づけ、その本質に迫ります。

The Hokkaido University Museum will display cutting edge research on zoonotic diseases, whose causative agents infect both humans and animals. Visitors will learn about diseases such as influenza and Ebola hemorrhagic fever through panels, videos, observation of infections through microscopes, and by experimentation with laboratory instruments.
In order to establish preemptive measures to predict and prevent outbreaks and epidemics of zoonotic diseases, it is imperative that interdisciplinary research and education is conducted by experts in the fields of medicine, veterinary medicine, pharmaceutics, engineering, and science.

検索結果表示: 1 - 1 / 1
資料種別著者タイトル別タイトル掲載誌等発行日
lecture-インフルエンザなどの人獣共通感染症を克服する : 統合科学実験展示--2010年10月26日
検索結果表示: 1 - 1 / 1

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学