HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
北海道大学サステナビリティ・ウィーク  >
北海道大学サステナビリティ・ウィーク2010  >

北海道海洋生物科学シンポジウム (Hokkaido Marine Bioscience Symposium) : [4]

主催:北海道大学グローバルCOEプログラム「統合フィールド環境科学の教育研究拠点形成」 北海道海洋生物科学研究会

Organizer: Hokkaido Marine Bioscience Society, IFES-GCOE Global COE Program `Establishment of Center for Integrated Field Environmental Science’, Hokkaido University

地球温暖化や海洋酸性化、そして人間活動の影響が、北海道の海洋生物にどのような変化をもたらしているか、将来どのような変化が起こりうるかについて考えます。太平洋、日本海、オホーツク海という異なる3つの海に囲まれた北海道は、類まれなる海洋生態系、水産資源の宝庫です。最新の研究成果をもとに、海洋の生態系保全、そして水産資源の持続的利用に向けて、市民、学生、漁業関係者、専門家が一緒になって議論します。

This symposium will offer opportunities to consider current and future effects of global warming, ocean acidification and human activities on marine organisms in seas close to Hokkaido.Surrounded by three seas (the Pacific Ocean, the Sea of Japan and the Sea of Okhotsk), Hokkaido has rich marine ecosystem environment and marine resources.In this symposium, citizens, students, fisheries parties and experts will gather in a room to discuss latest research findings towards marine ecosystem conservation and sustainable use of marine resources.

検索結果表示: 1 - 4 / 4
資料種別著者タイトル別タイトル掲載誌等発行日
proceedings-北海道海洋生物科学シンポジウム要旨集--2010年11月 5日
conference presentation谷口, 旭プランクトンが支配する海洋生態系 : 原始的狩猟にも比せられる漁業の確固たるサステナビリティの基盤Plankton dominating oceanic ecosystems : Basis of the firm sustainability of pelagic fisheries often criticized as a primitive and exploitative activity-2010年11月 5日
other-「北海道海洋生物科学シンポジウム」ポスター--2010年11月 5日
conference presentation大城, 隆海藻由来ハロゲン化酵素の特性--2010年11月 5日
検索結果表示: 1 - 4 / 4

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学