HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Center for Sustainability Science >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

農畜林業バイオマスを基礎とした食料・エネルギー自給ポテンシャル解析 : 北海道富良野市を事例として

Files in This Item:
system_26.pdf701.86 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/44287

Title: 農畜林業バイオマスを基礎とした食料・エネルギー自給ポテンシャル解析 : 北海道富良野市を事例として
Other Titles: An analysis of food and energy self-sufficiency potential based on biomass of agriculture,livestock and forestry : A case study of Furano city,Hokkaido,Japan
Authors: 佐藤, 寿樹1 Browse this author
辻, 宣行2 Browse this author
田中, 教幸3 Browse this author
大崎, 満4 Browse this author
Authors(alt): Sato, Toshiki1
Tsuji, Nobuyuki2
Tanaka, Noriyuki3
Osaki, Mitsuru4
Keywords: 食料・エネルギー自給
線形計画法
土地利用配分
バイオマス
Biomass
Food and energy self-sufficiency
Land use reassignrnent
Linear programming
Issue Date: 2010
Publisher: システム農学会
Journal Title: システム農学
Volume: 26
Issue: 1
Start Page: 17
End Page: 25
Abstract: 本論文では、北海道富良野市を事例として、地域内の耕畜林産業と地域住民を主体とした食料・エネルギー自給モデルを作成し、食料自給やエネルギー自給についての可能性を解析した。まず、富良野市における耕畜林業の主要生産物と住民(家庭)における物質の産出投入量を整理した。主要生産物は、水稲、小麦、牧車、デントコーン、タマネギ、スイートコーン、ニンジン、乳牛、ヤナギ、森林とした。次に、食料、エネルギー、飼料、肥料に関する供給・消費原単位をまとめ、バイオマスエネルギーによる地域内エネルギ一自給率を最大化するような、主要作物や家畜頭数・飼料畑などの耕地面積や頭数の配分問題を線形計画法により計算した。また、同時に肥料自給や飼料自給および農業所得も考慮することにより、複合的な地域自給の評価を加えた。この解析から、富良野市のバイオマスによるエネルギー自給率は、現状の0%から20-48弘程度まで向上する可能性をもつことが示された。しかし、肥料自給率の数値設定により食料自給率およびエネルギー自給率の数値は大きく変化することも同時に示された。
In this paper,the food and energy self-sufficiency potential of Furano city,a region in central Hokkaido,Japan,was analyzed as a case study. First of all,Input-Output data was compiled for the main compartments of agriculture,dairy products,forestry,and citizenry in Furano city. Compartments were paddy rice,wheat,pasture,dent corn, onion,sweet corn,carrot,dairy cows, willow,forest,and citizenry. Secondly,supply and consumption per unit of land,per head of cattle,per capita related to food, energy,feed,nitrogen fertilizer were listed. Finally,by utilizing the specific figures,we analyzed the optimum land use model for energy self-sufficiency in Furano city using a linear programming analysis. As a result,we derived the utilization of agricultural,livestock,and foresry biomass as energy results in an energy self-sufficiency potential of 20-48% influenced by nitrogen self-sufficiency.
Description: 研究論文
Type: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/44287
Appears in Collections:サステイナビリティ学教育研究センター (Center for Sustainability Science) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 佐藤 寿樹

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University