HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Hokkaido University Hospital >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

血漿交換を用いず持続的血液濾過および新鮮凍結血漿輸注で治療した劇症肝不全の3例

Files in This Item:
Hayawaka14-1_16-22.pdf698.59 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/44884

Title: 血漿交換を用いず持続的血液濾過および新鮮凍結血漿輸注で治療した劇症肝不全の3例
Other Titles: Three Patients with Fulminant Hepatic Failure Treated with Continuous Hemofiltration and Fresh Frozen Plasma Transfusion without Plasma Exchange
Authors: 早川, 峰司1 Browse this author →KAKEN DB
丸藤, 哲2 Browse this author →KAKEN DB
星野, 弘勝3 Browse this author
山崎, 圭4 Browse this author
亀上, 隆5 Browse this author
森本, 裕二6 Browse this author →KAKEN DB
松原, 泉7 Browse this author
Authors(alt): Hayakawa, Mineji1
Gando, Satoshi2
Hoshino, Hirokatsu3
Yamazaki, Kei4
Kameue, Takashi5
Morimoto, Yuji6
Matsubara, Izumi7
Keywords: 血漿交換 
劇症肝不全
人工肝補助療法
血液濾過
plasma exchange
fulminant hepatic failure
artificial liver support
hemofiltration
Issue Date: Jan-2003
Publisher: 日本救急医学会
Journal Title: 日本救急医学会雑誌
Volume: 14
Issue: 1
Start Page: 16
End Page: 22
Abstract: 劇症肝不全は,Treyらによって定められた急激な肝細胞壊死による重度の肝機能障害を起こし,発症から8週以内に肝性脳症や凝固障害を中心とする肝不全症状を認めるきわめて予後不良な疾患である。国内ではウイルス性肝炎を原因とするものが多いため,Treyらの基準をもとにした同様の診断基準(犬山シンポジウムの診断基準)で劇症肝炎と称されている。劇症肝不全に対しても肝移植が可能な現況ではあるが,その治療の中心は人工肝補助療法artificial liver support (ALS)を中心とした内科的治療である。また肝移植を行う場合で も,bridge useとしてALSは重要な位置を占めている。現在までに,血漿交換plasma exchange(以下PEと略す)や持続的血液濾過透析,血液吸着など様々な血液浄化法がALSとして報告されているが,その評価は定まっていない。しかし,国内では間欠的もしくは持続 的なPEがALSの中心として考えられており,重症肝障害の内科的治療においてPEは欠くことのできないものとされている。われわれは劇症肝不全の治療にPEは必須ではないとの立場より,中分子領域の物質の除去が可能な持続的血液濾過continuous hemofiltration (CHF)を中心とした治療を行い,PEを行うことなく意識を改善させた3症例について,若干の文献的考察を加えて報告し,PEが必須であるとする従来の概念に疑問を提示する。
Type: article (author version)
URI: http://hdl.handle.net/2115/44884
Appears in Collections:北海道大学病院 (Hokkaido University Hospital) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 早川 峰司

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

Feedback - Hokkaido University