HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
北海道大学病院  >
雑誌発表論文等  >

腎移植後にアザチオプリンが原因と思われる間質性肺炎を生じた1症例

フルテキスト
Hayakawa10-1_29-32.pdf1.01 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/45412

タイトル: 腎移植後にアザチオプリンが原因と思われる間質性肺炎を生じた1症例
その他のタイトル: A case of possibly azathioprine-induced interstitial pneumonia after renal transplantation
著者: 早川, 峰司 著作を一覧する
丸藤, 哲 著作を一覧する
鹿野, 恒 著作を一覧する
山崎, 圭 著作を一覧する
佐藤, 朝之 著作を一覧する
亀上, 隆 著作を一覧する
森本, 裕二 著作を一覧する
松原, 泉 著作を一覧する
キーワード: Azathioprine
Interstitial pneumonia
Renal transplantation
発行日: 2003年 1月
出版者: 日本集中治療医学会
誌名: 日本集中治療医学会雑誌
巻: 10
号: 1
開始ページ: 29
終了ページ: 32
抄録: 腎移植後の免疫抑制薬投与中のcornpromised hostに発生したアザチオプリン(azathioprine,AZ)によると考えられる間質性肺炎を経験した。患者は腎移植後であり,AZなどの免疫抑制薬を投与されていた。移植から9ヵ月経過した頃より,発熱と咳嗽が出現し,その1週間後に当院入院となった。胸部CTなどで軽度の間質性肺炎を認めた。日和見感染による間質性肺炎を疑い,各種感染症に対する治療も開始したが反応せず,入院から4週後に死亡した。AZの総投与量は15,750mgであった。剖検にて,肺は間質性肺炎の像を示していたが感染を示唆する所見はなかった。原因は確定できなかったが,AZが最も疑われた。AZの投与を受けている患者はcompromised hostであり,日和見感染による間質性肺炎にも注意が必要であるが,AZによる間質性肺炎も鑑別疾患の一つとして重要である。
資料タイプ: article (author version)
URI: http://hdl.handle.net/2115/45412
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 早川 峰司

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学