HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Societies >
北海道歯学雑誌 = Hokkaido Journal of Dental Science >
第31巻 第2号 >

北海道大学病院歯科診療センターにおけるRapid Prototyping Techniqueにより作製した顎顔面模型の臨床応用

Files in This Item:
11_ooi.pdf1.91 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/45816

Title: 北海道大学病院歯科診療センターにおけるRapid Prototyping Techniqueにより作製した顎顔面模型の臨床応用
Other Titles: Clinical Applications of a Maxillofacial Model using a Rapid Prototyping Technique in the Center for Dental Clinics, Hokkaido University Hospital
Authors: 大井, 一浩1 Browse this author
上田, 康夫2 Browse this author
黒須, 拓郎3 Browse this author
松下, 和裕4 Browse this author
小野, 貢伸5 Browse this author
山口, 博雄6 Browse this author
高野, 昌士7 Browse this author
北田, 秀昭8 Browse this author
榊原, 典幸9 Browse this author
西川, 圭吾10 Browse this author
大畑, 昇11 Browse this author
井上, 農夫男12 Browse this author
戸塚, 靖則13 Browse this author
Authors(alt): Ooi, Kazuhiro1
Ueda, Yasuo2
Kurosu, Takuro3
Matsushita, Kazuhiro4
Ono, Mitsunobu5
Yamaguchi, Hiro-o6
Takano, Masashi7
Kitada, Hideaki8
Sakakibara, Noriyuki9
Nishikawa, Keigo10
Ohata, Noboru11
Inoue, Nobuo12
Totsuka, Yasunori13
Keywords: rapid prototyping technique
顎顔面模型
手術シミュレーション
Issue Date: 15-Dec-2010
Publisher: 北海道歯学会
Journal Title: 北海道歯学雑誌
Volume: 31
Issue: 2
Start Page: 112
End Page: 120
Abstract: 北海道大学病院歯科診療センターでは,2001年からRapid Prototyping Techniqueによる粉末凝結式積層造型装置を導入し,この装置により作製した顎顔面模型(以下RP顎顔面模型)を用いて手術シミュレーションを行なっている.そこでわれわれは,当院におけるRP顎顔面模型の臨床応用の実績と概要を報告する.対象は2001年1月から2009年1月までに北海道大学病院歯科診療センターでRP顎顔面模型を用いて手術シミュレーションなどを行った症例とした.症例の顎顔面をCT撮影し,骨データを抽出して金属アーチファクトを除いたデータを取得した.これらのデータを三次元画像表示解析ソフトウェアで三次元構築処理し,積層造形装置Z402で症例のRP顎顔面模型を作製した.8年間でRP顎顔面模型を使用した症例は139例であった.その内訳は,顎矯正手術93例,顎堤形成術・骨移植術22例,悪性腫瘍切除術・顎骨再建術15例,口蓋形成術4例,インプラント埋入手術3例,エピテーゼ2例であった. 症例1:小下顎症と顔面非対称の顎矯正手術において,RP顎顔面模型を骨切りし,上下顎骨形成術をシミュレーションして手術を行なった. 症例2:骨格性右側方開咬の顎矯正手術において,RP顎顔面模型を骨切りし,移動骨片の異動量・方向,骨延長装置を決定し,骨延長法をシミュレーションして手術を行なった. 症例3:右下顎歯内癌の腫瘍切除術と顎再建術においてRP顎顔面模型を用いて下顎骨区域切除と再建をシミュレーションして手術を行なった. 症例4:耳介エピテーゼの製作に際し,RP顎顔面模型によりエピテーゼの原型を作製した.これらのRP顎顔面模型の臨床応用は,治療計画の困難な症例において,精度と安全性を高めるうえで有用であった.
Type: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/45816
Appears in Collections:北海道歯学雑誌 = Hokkaido Journal of Dental Science > 第31巻 第2号

Submitter: 大井 一浩

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University