HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Hokkaido University Hospital >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

除細動前のCPRの重要性:包括的指示下の除細動が神経学的予後に与える影響

Files in This Item:
KK10-2_28-29.pdf258.44 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/47120

Title: 除細動前のCPRの重要性:包括的指示下の除細動が神経学的予後に与える影響
Authors: 早川, 峰司 Browse this author →KAKEN DB
丸藤, 哲 Browse this author →KAKEN DB
岡本, 博之 Browse this author
浅井, 康文 Browse this author
上垣, 慎二 Browse this author
牧瀬, 博 Browse this author
岡本, 征仁 Browse this author
岡田, 基衛 Browse this author
Issue Date: 30-Nov-2007
Publisher: 救急振興財団
Journal Title: 救急救命
Volume: 10
Issue: 2
Start Page: 28
End Page: 29
Abstract: 近年、院外心肺停止(以下CPAと略す)患者 に対する、救急救命士の処置範囲が拡大されつつ ある。二〇〇三年四月から医師の指示を必要とし ない包括的指示下における電気ショックの実施が 行われるようになった。 この院外CPA患者に対して、救急救命士が包 括的指示下で電気ショックを行う目的は、心室細 動(以下VFと略す)に対する早期除細動を実現 するためであった。二〇〇〇年のガイドラインで は、心原性CPAをVFの段階で検出し、早期に 電気ショックを施行することが重要であるとされ ていた。 今回、我々は札幌市で二〇〇三年四月に施行開 始となった電気ショック指示の包括化がVF患者の予後に与える影響を検討したので報告する。
Rights: 本研究は、平成18年度「救急に関する調査研究助成事業」として財団法人救急振興財団の助成を受け実施したもの。
Type: article (author version)
URI: http://hdl.handle.net/2115/47120
Appears in Collections:北海道大学病院 (Hokkaido University Hospital) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 早川 峰司

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University