HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Economics and Business / Faculty of Economics and Business >
經濟學研究 = The economic studies >
第61巻第1・2号 >

Atchison, Topeka and Santa Fe 鉄道会社の複会計システム

Files in This Item:
ES_61(1-2)_041.pdf8.14 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/47160

Title: Atchison, Topeka and Santa Fe 鉄道会社の複会計システム
Other Titles: Historical Development of Double Account System in Atchison, Topeka and Santa Fe Railway Company
Authors: 春日部, 光紀1 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Kasukabe, Mitsunori1
Keywords: 複会計
連結会計
一般貸借対照表
資本勘定
収益勘定
Issue Date: 8-Sep-2011
Publisher: 北海道大学大学院経済学研究科
Journal Title: 經濟學研究
Journal Title(alt): Economic Studies
Volume: 61
Issue: 1/2
Start Page: 41
End Page: 59
Abstract: 複会計システムは,形式上,貸借対照表を固定区分である資本勘定と流動区分である一般貸借対照表に分割し,収益勘定(損益計算書)をあわせた3表を基本財務諸表として公表する特異な財務報告体系である。これまでの既存研究では,アメリカ鉄道会社の複会計システムにほとんど言及しておらず,充分に解明されてこなかった。本稿では,アメリカ巨大鉄道会社であるAtchison, Topeka and Santa Fe Ry. Co.を俎上にのせ,同社の複会計を詳細に分析するとともに,同社は,複会計と同時に連結会計を導入したと考えられることから,その実態と両者の関係を検討している。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/47160
Appears in Collections:經濟學研究 = The economic studies > 第61巻第1・2号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University