HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Economics and Business / Faculty of Economics and Business >
經濟學研究 = The economic studies >
第61巻第1・2号 >

アメリカにおける財務諸表監査の制度化に関する一考察 : 追認型の制度化ケースとして

Files in This Item:
ES_61(1-2)_127.pdf1.08 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/47164

Title: アメリカにおける財務諸表監査の制度化に関する一考察 : 追認型の制度化ケースとして
Other Titles: Institutionalization of the Financial Statements Audit in the United States
Authors: 篠藤, 涼子 グラシエラ1 Browse this author
Authors(alt): Shinoto, Ryoko Graciela1
Keywords: 証券法
証券取引所法
財務諸表監査
制度化
SEC
Issue Date: 8-Sep-2011
Publisher: 北海道大学大学院経済学研究科
Journal Title: 經濟學研究
Journal Title(alt): Economic Studies
Volume: 61
Issue: 1/2
Start Page: 127
End Page: 142
Abstract: アメリカにおける財務諸表監査は, 法で強制される以前から企業によって自発的に行われていた。アメリカにおける財務諸表監査は, アメリカの経済環境に適応することで企業及び職業会計士自らの自主規制の下で成熟していった。やがて自発的な財務諸表監査の実施は限界に達した。そして, それを補う形で証券諸法のもとに財務諸表監査は制度化された。しかしながら, アメリカにおける財務諸表監査制度は, ゼロからのスタートではなく, 自発的に積み上げられていた経験や慣習を基盤として法が不十分を補う形で, アメリカの財務諸表監査の実務が制度化された。本稿は, このような特徴的なアメリカの財務諸表監査制度について, アメリカ財務諸表監査の生成・制度化がどのようになされたかを明らかにする事を目的とする。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/47164
Appears in Collections:經濟學研究 = The economic studies > 第61巻第1・2号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University