HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Economics and Business / Faculty of Economics and Business >
經濟學研究 = The economic studies >
第61巻第3号 >

北海道近代史研究のための覚書

Files in This Item:
ES_61(3)_021.pdf435.63 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/47714

Title: 北海道近代史研究のための覚書
Other Titles: A Note for Researching Modern History of Hokkaido
Authors: 内藤, 隆夫1 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Naito, Takao1
Keywords: 北海道史
開拓史観
辺境論
経済学的意味における植民地
内国植民地
Issue Date: 8-Dec-2011
Publisher: 北海道大学大学院経済学研究科
Journal Title: 經濟學研究
Journal Title(alt): Economic Studies
Volume: 61
Issue: 3
Start Page: 21
End Page: 35
Abstract: 本稿では北海道近代史の方法論に関する研究史の検討を通じて、今後このテーマを進めていく手がかりをつかむことを課題とした。具体的には方法論に関わる代表的論文を三つに分類し、筆者の考えをまとめた。即ちまず「開拓史観」と呼ばれる方法に対して、それへの批判の高まりが「開拓の進展」の肯定論を全否定しかねない傾向を生んだことを踏まえ、定義を修正し、批判論者が念頭に置く「開拓史観」的研究とそうでない研究を区別すべきとした。次に「辺境論」「経済学的意味における植民地論」に対して、「辺境」の本来の意味からの遊離、実証研究との対話の困難、政治・社会の問題の捨象という問題を踏まえ、「辺境」は概念ではなく本来の地理的な意味で用い、「経済学的意味における植民地」概念の安易な適用は慎むべきとした。「内国植民地論」に対しては、北海道近代史の構造把握を目指した議論であると認めた上で、「植民地」論でありながらアイヌ支配の問題を組み込めていない、「開拓史観」と同様一面的であるという問題点を指摘した。そして、今後の北海道近代史研究では開拓の進展とそこで生じた問題点との緊張関係を意識して分析を進めることが重要とした。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/47714
Appears in Collections:經濟學研究 = The economic studies > 第61巻第3号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University