HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Societies >
看護総合科学研究会誌 = Journal of comprehensive nursing research >
vol. 13 no. 2 >

中堅看護師が経験した病院内異動の実態 : キャリア試行期と確立期の2事例の検討

Files in This Item:
re_yoshida_kango13_2.pdf416.61 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://doi.org/10.14943/53793

Title: 中堅看護師が経験した病院内異動の実態 : キャリア試行期と確立期の2事例の検討
Other Titles: The Actual state of ward rotations on the mid-level nurses' career development : Case studies comparing a trial stage nurse and an established stage nurse
Authors: 吉田, 祐子1 Browse this author
良村, 貞子2 Browse this author →KAKEN DB
青柳, 道子3 Browse this author
岩本, 幹子4 Browse this author
Authors(alt): Yoshida, Yuko1
Yoshimura, Sadako2
Aoyanagi, Michiko3
Iwamoto, Mikiko4
Keywords: Case study
Ward rotation
Career development
Trial stage
Established stage
事例研究
異動
キャリア発達
試行期
確立期
Issue Date: Nov-2011
Publisher: 看護総合科学研究会
Journal Title: 看護総合科学研究会誌
Journal Title(alt): Journal of Comprehensive Nursing Research
Volume: 13
Issue: 2
Start Page: 27
End Page: 37
Abstract: 本研究は、キャリア試行期とキャリア確立期にある2人の中堅看護師が経験した病院内異動がどのような実態となっているかを明らかにすることを目的とした。試行期の看護師Aと確立期の看護師Bに対し、半構成的質問調査を実施した。看護師Aからは、「異動直後の新部署への批判的な気持ち」、「看護の違いに戸惑いながらも深まる看護観」、「新部署における自分の立場の難しさと不十分な役割発揮の自覚」他7つのカテゴリーが抽出された。看護師Bからは、「環境と組織文化の違いに対する驚き」、「予想可能な将来像」、「新部署における自分の位置・役割の自覚」他5つのカテゴリーが抽出された。同じ病院内における異動でも、中堅看護師にとっては、職場の変化に対する違和感と驚きが大きいことが明らかになった。また、異動は、試行期の看護師Aの看護観へ影響を与え、組織における自分の役割を考える機会となっていた一方で、確立期の看護師Bへはそのような影響はほとんどみられなかった。これらはキャリア発達段階の相違に依拠するものと考えられた。
Type: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/48238
Appears in Collections:看護総合科学研究会誌 = Journal of comprehensive nursing research > vol. 13 no. 2

Submitter: 良村 貞子

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar_1.0 )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University