HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Economics and Business / Faculty of Economics and Business >
經濟學研究 = The economic studies >
第61巻第4号 >

制度生態系の理論モデルとその経済学的インプリケーション

Files in This Item:
ES_61(4)_131.pdf883.91 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/48698

Title: 制度生態系の理論モデルとその経済学的インプリケーション
Other Titles: Institutional Ecology : A Theoretical Model and Its Economic Implication
Authors: 橋本, 敬1 Browse this author →KAKEN DB
西部, 忠2 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Hashimoto, Takashi1
Nishibe, Makoto2
Keywords: 制度の多様性と内生的変化
制度生態系
ルール生態系ダイナミクス
Rule Ecology Dynamics
メタルール
進化主義的制度設計
Issue Date: 8-Mar-2012
Publisher: 北海道大学大学院経済学研究科
Journal Title: 經濟學研究
Journal Title(alt): Economic Studies
Volume: 61
Issue: 4
Start Page: 131
End Page: 151
Abstract: 本論文は, 制度の多様性と内生的変化を示す制度生態系を記述する数理モデルとして「ルール生態系ダイナミクス」(Rule Ecology Dynamics: RED)を提示し, それが経済社会進化の態様記述や政策展開に対して持つ経済学的含意を論じる。まず, 戦略ルール(ミクロ主体の内部ルール)とゲームルール(外なる制度)を経済社会の複製子(If-then ルール)と再定義し, 制度を, ミクロ主体の認識・思考・行動とマクロ的な社会的帰結をメゾレベルで媒介する, ミクロ主体によって共有されたルールと捉える。これにより, ゲーム形式と戦略的予想均衡という従来の2つの制度観を, それぞれ「ゲームルール」と「共有された戦略ルール」として統一的に理解できる。こうした進化的制度観の下, REDは, ゲームルールを評価するミクロ主体の価値意識の集合的表象(内なる制度)を「メタルール」として導入することにより, 進化ゲーム理論とレプリケータ・ダイナミクスを統合・拡張し, 戦略ルールとゲームルールの相対頻度が内生的に変化するような共進化を記述し分析できる。このため, REDは進化主義的制度設計のための理論枠組みとなる。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/48698
Appears in Collections:經濟學研究 = The economic studies > 第61巻第4号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University