HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Economics and Business / Faculty of Economics and Business >
經濟學研究 = The economic studies >
第61巻第4号 >

社会経済史雑考 : 最終講義

Files in This Item:
ES_61(4)_153.pdf1.6 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/48699

Title: 社会経済史雑考 : 最終講義
Other Titles: My Pursued Studies in Socio-Economic History : The Last Lecture Delivered by S. TANAKA in Hokkaido University on the 16th of March, 2010
Authors: 田中, 愼一1 Browse this author
Authors(alt): Tanaka, Shin-ichi1
Keywords: 社会経済史
個人史
研究対象選択
因果連関
説明責任
Issue Date: 8-Mar-2012
Publisher: 北海道大学大学院経済学研究科
Journal Title: 經濟學研究
Journal Title(alt): Economic Studies
Volume: 61
Issue: 4
Start Page: 153
End Page: 173
Abstract: 2010年1月に満63歳となったため北海道大学の定めにより同年3月31日に停年退職することになった北海道大学大学院経済学研究科・経済学部教授の田中愼一が同年3月16日におこなった最終講義の記録である。当日配布した口述原稿を元に, 講義中に入れたad lib や大幅に加筆した註を加えて成稿となったものである。 大学入学以来, 著者が直接に薫陶や高誼を受けた先学(掲名順。松田智雄先生, 下村先生, 石井寛治先生, 安良城盛昭先生, 武田幸男先生, 長岡新吉先生, 大石嘉一郎先生, 岡田与好先生, 坂本忠次先生, 神立春樹先生, 石坂昭雄先生)や厚誼を得た韓国人学者(延世大学尹起重教授, ソウル大学安秉直教授)の思い出をまじえながら, 著者の1966年4月からの学部時代, 1970年5月からの大学院時代, 1975年4月からの社研助手時代, 1979年1月からの北大教員時代を変遷していきつつ, いくつかの研究課題を設定したことの背景, それらの研究対象を選択した理由, そうした研究対象に対して模索した研究方法, それらの成果としての諸論文の因果連関を論述しようとすることで, 一小学究としての説明責任を開陳せんと試みたものである。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/48699
Appears in Collections:經濟學研究 = The economic studies > 第61巻第4号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University