HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Societies >
北海道歯学雑誌 = Hokkaido Journal of Dental Science >
第32巻 第2号 >

根管充填法の違いが根尖孔の大きい根管の封鎖性に及ぼす影響

Files in This Item:
03-mikami_gencho.pdf3.02 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/48707

Title: 根管充填法の違いが根尖孔の大きい根管の封鎖性に及ぼす影響
Other Titles: Influence of difference of root canal filling methods on apical sealing in apical foramen widening
Authors: 三上, 大輔1 Browse this author
菅谷, 勉2 Browse this author →KAKEN DB
川村, 直人3 Browse this author
川浪, 雅光4 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Mikami, Daisuke1
Sugaya, Tsutomu2
Kawamura, Naoto3
Kawanami, Masamitsu4
Keywords: 根管充填法
4-META/MMA-TBBレジン系シーラー
根尖封鎖性
Issue Date: Mar-2012
Publisher: 北海道歯学会
Journal Title: 北海道歯学雑誌
Volume: 32
Issue: 2
Start Page: 124
End Page: 134
Abstract: 接着性シーラーであるスーパーボンド根充シーラー(SBS)を,通常の根管に用いた根管充填の封鎖性の報告は多いが,根尖孔が大きく開大した根管でSBSの封鎖性を他の方法と比較した研究はない.本研究ではまず,SBSの硬化時の環境が封鎖性に及ぼす影響を検討した.厚さ1mmに切断した歯根の根管を,直径1.3mmの円形に形成し,SBSを填入,根管上部を開放して空気中で重合したものをAir群,アルジネート印象材で覆って重合したものをAN群として,色素侵入試験を行うとともにSEMで観察した.その結果,AN群はAir群に比較して有意に色素侵入が少なく,SEM観察ではAir群は象牙質とSBSの界面に間隙がみられ,硬化体表面には気泡が多く認められたことから,SBSの封鎖性を評価するためには,根尖孔をアルジネート印象材で被覆してモノマーの揮発を抑制して実験することが必要と考えられた.その結果をもとに,根尖孔が大きく開大した根管にSBSを用いた場合の封鎖性を,側方加圧充填および垂直加圧充填と比較した.ヒト抜去歯30本を用い,根尖孔を楕円形に開大させて次の3群に分け,次の方法で根管充填した.SBS群:SBSを用いた単一ポイント法,LC群:キャナルス®Nを用いた側方加圧充填法,Ob群:ObturaⅡを用いた垂直加圧充填法にて根管充填した.封鎖性を色素侵入試験により評価し,さらにSEMで観察した.その結果,SBS群はLC群とOb群に比較して有意に色素侵入が少なく,SEMでもセメント質,象牙質とSBSの界面に間隙は見られなかった.本研究の結果から,根尖孔が開大した根管では,側方加圧充填法や垂直加圧充填法よりSBSを用いた単一ポイント法が有効である可能性が示唆された.
Type: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/48707
Appears in Collections:北海道歯学雑誌 = Hokkaido Journal of Dental Science > 第32巻 第2号

Submitter: 三上 大輔

 

Feedback - Hokkaido University