HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Health Sciences / Faculty of Health Sciences >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

アクティビティ図を用いた気管内吸引技術の可視化

Files in This Item:
TE2010_23.pdf534.45 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/49547

Title: アクティビティ図を用いた気管内吸引技術の可視化
Other Titles: Visualization of Tracheal suctioning by Activity model
Authors: コリー, 紀代1 Browse this author →KAKEN DB
本田, 千積2 Browse this author
阿部, 保3 Browse this author
小笠原, 克彦4 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Colley, Noriyo1
Honda, Chiseki2
Abe, Tamotsu3
Ogasawara, Katsuhiko4
Keywords: 在宅人工呼吸器
気管内吸引
リスク
技術の可視化
Home ventilators
Tracheal suctioning
Risk
Visualization of skills
Activity model
Issue Date: Mar-2011
Publisher: 日本医工学治療学会
Journal Title: 医工学治療
Volume: 23
Issue: 1
Start Page: 22
End Page: 34
Abstract: 家族や社会福祉サービスの力を借りながら、人工呼吸器をつけた個人が在宅で過ごすことは、以前ほど珍しいことではなくなった。しかしながら、既存の社会福祉サービスでは、提供できるサービス内容に限界があるため家族に負担が強いられ、結果的に家族のパ-ンアウトや人工呼吸器をつけた児の事故も報告されている。  そのような状況の中、一定の条件付きで医師・看護師以外の者による気管内吸引の実施が認められる方向に進んでいるが、気管内吸引の実施には、高いリスクがあるということも事実である。近年の気管内吸引技術に関する論文を見てみると、気管内吸引自体の手順や方法の相違から生じるリスクに関して分析した文献はほとんど見当たらない。そのため本調査では、アクティビティ図を用いて気管内吸引技術を可視化し、気管内吸引技術の類似点・相違点について比較した。その結果、3つの気管内吸引方法に共通するリスクと各方法に特異的なリスクがあった。
Type: article (author version)
URI: http://hdl.handle.net/2115/49547
Appears in Collections:保健科学院・保健科学研究院 (Graduate School of Health Sciences / Faculty of Health Sciences) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: コリー 紀代

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University