HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Economics and Business / Faculty of Economics and Business >
經濟學研究 = The economic studies >
第62巻第1号 >

インサイダー取引規制に係る決定事実とその判断基準

Files in This Item:
ES_62(1)_007.pdf446.54 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/49696

Title: インサイダー取引規制に係る決定事実とその判断基準
Other Titles: Interpretation of the Decision in Insider Trading Regulation
Authors: 荻野, 昭一1 Browse this author
Authors(alt): Ogino, Shoichi1
Keywords: インサイダー取引
重要事実
決定事実
実現可能性
投資判断
Issue Date: 12-Jul-2012
Publisher: 北海道大学大学院経済学研究科
Journal Title: 經濟學研究
Journal Title(alt): Economic Studies
Volume: 62
Issue: 1
Start Page: 7
End Page: 28
Abstract: インサイダー取引が規制されている趣旨は, 証券市場に対する投資者の信頼性の確保と市場機能の維持にある。近年, インサイダー取引規制に係る決定事実の解釈について2件の重要な最高裁判例がみられた。一連の審級の中で最大の論点となったのは, 決定事実について法令所定の「決定」があったと判断されるためには, 事実の実現可能性の高低の程度がどのように関係するかといった解釈問題である。議論の本質には, 規制体系の趣旨を重視して形成的解釈をとる論旨と, 規制の趣旨を重視して実質的解釈をとる論旨の主張が交錯し, 今日においてもなお論理的な対立を招いている。そもそも, 論点となってきた「実現可能性」などという条文に存在しない考慮要素が問題となっていることの本質はどこにあるのか。最高裁決定の考え方の背景にある形式的な規制体系を重視し, それが投資判断に対する個々具体的な影響の有無程度を問わない趣旨であると解することが, はたしてインサイダー取引規制の趣旨に適っているのかという問題について整理をし, 現実問題として決定事実に該当するか否かの判断基準としてどのような考慮要素が必要かについての考察を試みたものである。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/49696
Appears in Collections:經濟學研究 = The economic studies > 第62巻第1号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University